最新記事


『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

Secondhand Market / Secondary Market 【中古市場】 (11/12)

『妖怪ウォッチ』が北米上陸! ローカライズをウォッチング (11/09)

総記事数:

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定!

当サークルで制作した同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』が、何と英語に翻訳されることになりました。その名も『Retro Game Super Translation Selection』(レトロゲーム・スーパー・トランスレーション・セレクション)!


Coming soon: Retro Game Super Translation Selection (English edition)


英語版の製作・販売を行うのは私ではなく、レトロゲームの情報サイト「Hardcore Gaming 101」を運営しているカート・カラタ氏です。発売日や販売方法などはまだ具体的に決まっていませんが、おそらくアメリカで行われるゲーム系同人イベントや通販サイトなどで販売されるのではないかと思われます。

この「Hardcore Gaming 101」の情報量はとてつもなく膨大で、実は私も『レトロゲーム超翻訳セレクト』を作るうえで大変お世話になりました。あるレトロゲームが海外向けにローカライズされたかどうかや、その翻訳の質がどの程度だったかといった情報が、「Hardcore Gaming 101」を見れば事細かに載っているのです。

例えば同人誌のなかで、『覇邪の封印』の魔術師の台詞を取り上げたのですが、これはもともと「Hardcore Gaming 101」のレビューページから得た情報でした。このページに、魔術師の台詞がおかしなことになっていると書いてあったので日本語版と見比べてみた、というわけです。

カート氏からいただいた表紙のサンプルが非常にカッコいいので、英語版の完成に向けて今からワクワクが止まりません!

FrontCover_EN.jpg BackCover_EN.jpg
※あくまでサンプルです。

日本語版は引き続き、洋ゲー関連グッズ中心のお店「bit-games」さんで取り扱っていただいております。ご興味がある方はぜひご注文ください。

ではでは。


このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
スポンサーサイト

☞ 関連記事

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08)

ゲーム英語辞典『Gaminglish』では、英語のゲーム用語を、その用語にまつわる事情や私自身の雑感等を交えて解説しております。参照したい用語をクリックしていただくと、その用語の解説ページに飛ぶことができます。

各用語の定義につきましては、管理人独自の経験・リサーチに基づくものも多く、100%の正確性を保証するものではありません。何か疑問に思われる箇所がございましたら、お気軽にご指摘ください。



[アルファベット順に掲載]

・A Winner Is You 【勝者があなただ】
・AdverGame / Advert Game 【広告用ゲーム】
・Always online connection 【常時オンライン接続】
・Analog Nub 【アナログパッド】
・Animu 【アニム】
・Announcement of Announcement 【発表の発表】
・Arcade Rat 【ゲーセンの常連】
・Arcade Run 【アーケードラン】
・Arena Shooter 【アリーナシューター】
・Armor-Piercing 【AP弾 / 防御力無視】
・Assume right facing 【右向き時】
・Asymmetric Multiplayer 【非対称型マルチプレイ】
・Atari Crash 【アタリショック】
・Attack while it's tail's up! 【シッポを上げている間に攻撃しろ!】
・Attract Mode 【デモ画面】
・Auto-Scrolling Level 【強制スクロール面】

・Bad Guy 【敵キャラ】
・Ball-top 【ボールトップ型】
・Based Gabe 【ゲイブ神】
・Bat-top 【バットトップ型】
・Beastiary 【モンスター図鑑】
・Believe it! 【~だってばよ!】
・Better Break the Master Emerald 【マスターエメラルドを破壊した方がいい】
・Big Bad 【大ボス】
・Big 3 【ビッグスリー】
・Blowing on NES Cartridge 【ファミコンカセットに息フーッ】
・Blue Blur 【ブルーブラー】
・Blue Bomber 【ブルーボンバー】
・Boot Sequence 【起動シーケンス】
・Boss Rehash 【ボスラッシュ】
・Buffing Character 【強化系キャラクター】
・Bullshot 【詐欺スクショ】
・Button-Mashing 【ボタン連打】
・Button Prompt 【ボタン説明 / ボタン指示】
・Buyer's remorse 【購入者の後悔】

・Cabinet 【筐体】
・Calibration 【調整】
・Cheevo Whore 【実績厨】
・Chocolate Helicopter 【チョコで出来たヘリコプター】
・Circle-Strafing 【周回掃射】
・Class 【職業】
・Classicvania 【クラシックヴァニア】
・Clothing Damage 【服破れ】
・Collectables / Collectibles 【コレクショングッズ】
・Completist / Completist Player 【やり込み好き / コンプ主義者】
・Conglaturation !!! 【おでめとう!!!】
・Congraturation 【おめれとう】
・Console Cameo 【ゲーム機本体のカメオ出演】
・Console Graphics King 【コンソール・グラフィック・キング】
・Consolites 【コンソール厨】
・Consolize/Consolization 【コンソライズ】
・Context-Sensitive 【状況に応じて変化する】
・Control Deck 【[古]ゲーム機本体】
・Cows 【PS3信者】
・Crash To Desktop 【クラッシュ・トゥ・デスクトップ】
・Crash To XMB 【クラッシュ・トゥ・XMB】
・Critical Path 【必須ルート】
・Cut-and-paste Level 【コピペマップ】
・Cute-em-up 【カワイイ系2Dシューティング】
・Cutting Room Floor 【お蔵入り要素】

・Dang it, Ron Paul 【ちくしょう、ロン・ポールめ!】
・Day one pirate 【初日に割ってやる】
・Day-one Sales 【初日販売本数】
・DelayStation 【ディレイステーション】
・Desperation Move(DM) 【超必殺技】
・Dialog Tree 【会話分岐】
・Diddy Kong's Quest 【ディディーコングの冒険】
・Difficulty 【難易度】
・Difficulty Spike 【難易度の急上昇】
・Dodongo dislikes smoke. 【ドドンゴ ハ ケムリ ヲ キラウ】
・~ doomed 【~オワタ】
・Doritogate 【ドリトゲート】
・Downloadable Content 【ダウンロード コンテンツ】
・Dudebro Game 【デュードブロ・ゲーム】
・Dun dun dun dun dun dun dun 【ダダンダンダンダンダン】

・Emo Luigi 【傷心ルイージ】
・End-game Save 【クリアデータ】
・End-of-level Boss 【ステージ最後のボス】
・End of the World spell 【呪文“世界の終わり”】
・Entitled gamer / Self-entitled gamer 【権利主張の激しいゲーマー】
・Environment 【環境】
・Euroshmup 【ユーロシュマップ】
・EverCrack 【エバークラック / エバークエスト中毒】
・Excalipoor 【エクスカリパー】
・Excuse me, Princess 【わるうございましたね、お姫様】
・Expand Dong 【ペ●●拡大】

・Faceplate 【きせかえプレート】
・Faceroll 【フェイスロール】
・Fail / Failure 【不合格】
・Failo 【フェイロー】
・Fairy Bounce 【チ○揺れ】
・Faithful to the Original 【オリジナルに忠実】
・Fakeboy 【フェイクボーイ】
・Fanboy War 【信者戦争 / ゲハ戦争】
・Fanon 【ファン公式】
・Featuring Dante From The Devil May Cry Series 【『デビル メイ クライ』シリーズのダンテが出演】
・Feels Like Pants 【ズボンみたいな感触】
・Fetch Quest 【お使いクエスト】
・FIGS 【フィグス】
・Forward -> Down -> Down/Foward + Punch 【昇龍拳コマンド】
・Frame Rate Drop 【処理落ち】
・Franchise 【フランチャイズ / シリーズ】
・Front End 【フロントエンド / フロントメニュー】
・Fuji Logo 【富士ロゴ】
・FWAK 【誤った知恵と知識】

・Gaddamn TEA 【お茶】
・Game Completion 【全クリ】
・Game Marathon 【ゲームマラソン】
・Game Pak 【ゲームカセット】
・Game-Unbalancing 【ゲームバランスを崩す】
・Gamer Logic 【ゲーマーの理屈】
・Gamer Widow 【ゲーマー未亡人】
・Gaming Crowd 【ゲーマー層】
・Gaming rig 【ゲーム用PC】
・Garbage Block 【おじゃまブロック】
・Gaymer 【ゲイマー】
・Geek Goddess 【オタクの女神】
・Get back in the car. 【車に戻れ】
・Giant Enemy Crab 【巨大なカニの敵】
・Gib 【内臓】
・Git Gud 【もっと上達しる】
・Go home and be a family man! 【国へ帰るんだな。お前にも家族がいるだろう....】
・Gotta go fast 【爆走しようぜ】
・Grand Theft Horse 【グランド・セフト・ホース】
・Graveyard Duck 【墓地のアヒル】
・Grid-Based Map 【マス目状のマップ】
・GTGWE 【ガイルの曲は何にでも合う】
・Guns don't kill people, video games do. 【銃が人を殺すのではなく、テレビゲームが人を殺すのだ】
・Gurl Gamer 【姫願望ゲーマー】

・Half Life 3 Confirmed 【ハーフライフ3を確認】
・Halo Killer 【ヘイローキラー】
・Hardware Limitations 【ハードの限界】
・HD Twins 【HDツインズ】
・Health Bar 【体力ゲージ】
・HFIL 【HFIL】
・Hide your power level 【気を消す】
・Highlight 【カーソルを合わせる】
・His name is Link. 【彼の名前はリンクだ】
・Hit ~ 【~で発売される】
・Hitbox 【命中範囲 / 当たり判定】
・Hit Confirm 【ヒット確認】
・Hold the RESET button when turning the power off. 【リセットボタンを押しながら電源をお切りください】
・Hotseat Mode 【ホットシートモード】
・Horizontal Wiimote 【Wiiリモコン横持ち】
・Hudson Bee 【ハチ助】

・I am Error 【オレノナハ エラー ダ】
・I got a good feeling! 【いい予感がしていたんだ!】
・I grew up playing ~ 【~を遊びながら育った】
・I have fury 【怒ったぞ】
・I'm Lonk from Pennsylvania 【ペンシルバニア出身のロンクです】
・I platinumed it 【トロフィーを制覇した】
・IDDQD 【IDDQD】
・Idle Animation 【アイドルアニメーション】
・If you want to think that, then do so. In your mind only. 【お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな】
・IGN (In-Game Name) 【ゲーム内のキャラ名】
・imba 【バランスが悪い】
・Import Gamer 【輸入ゲーマー】
・In-game Economy 【ゲーム内の経済システム】
・In-game Marriage 【ゲーム内結婚】
・Insta-death 【即死】
・Installment 【(シリーズの)~作目】
・Inventory Management 【所持品管理】
・Item-based Payment 【アイテム課金】
・Iteration 【~で発売される続編】

・Joe got fired 【ジョーがクビになった】
・Jumping Puzzle 【ジャンピングパズル】
・Just according to keikaku 【計画通り】

・Kawaii Desu Uguu 【かわいいです、うぐぅ】
・Known Shippable Bugs / KS Bugs 【販売可能なバグ】
・Konami Code 【コナミコマンド】

・Lasting Appeal 【永続的な魅力】
・Launch Wii/PS3/Xbox 360 【初期型のWii/PS3/Xbox 360】
・League of Draven 【リーグ・オブ・ドレイヴン】
・Legal Loli 【合法ロリ】
・Lemmings 【Xbox 360信者】
・( ͡° ͜ʖ ͡°) 【( ͡° ͜ʖ ͡°)】
・Let the lag begin 【ラグの始まりだ】
・Level 【ステージ】
・Level Grinding 【レベル上げ】
・Like Skyrim with guns 【スカイリムの銃撃戦版のようだ】
・Line Break 【改行】
・Linear Game 【直線的なゲーム】
・Loading Screen Tips 【ロード画面のヒント】
・LPer 【ゲーム実況動画の主】
・Luigi's Death Stare 【ルイージの死の視線】

・Mai Waifu 【俺の嫁】
・Manime 【マニメ】
・Marquee 【マーキー】
・Me Bouncy! 【私、揺れやすい!】
・Meat Shield 【ミートシールド】
・Mega Man Syndrome 【ロックマン症候群】
・Metroidvania / Metrovania 【メトロイドヴァニア / メトロヴァニア】
・M$/Micro$oft 【マイクロ$フト】
・Midnight Release 【深夜販売】
・Milk 【搾取する】
・Mirror Match 【同キャラ戦】
・Modded Console 【改造した本体】
・Moms are tough 【母は強しよ】
・Monster in a box 【宝箱内に潜むモンスター】
・Money Hat 【買収】
・Mr. Saturn Font 【どせいさんフォント】
・Mr. Thou 【ござる】
・Multiplats 【マルチプラットフォーム用タイトル】

・NAB 【バグではありません】
・Nagoya Attack 【名古屋撃ち】
・Navigation 【移動】
・Negative Edge 【ボタン離し入力】
・Netdecking 【ネットデッキング】
・Never pay more than 20 bucks for a computer game 【ゲーム1本に20ドル以上払うべきでない】
・Nintendium 【ニンテンディウム】
・Nintendo-hard 【ファミコン並みの難易度】
・Nintendomination 【任天堂の支配】
・Nintendough 【任天金】
・Ninty 【ニンティー】
・No cloud, no squall shall hinder us! 【雲がたちこめても嵐が吹き荒れても、私たちの邪魔はできない!】
・No Mai, No Buy 【舞が出ないなら買わない】
・No Scope【ノースコープ】
・Nostalgia Glasses 【思い出補正】
・Nude Raider 【ヌードレイダー】

・Oh my CoD! 【オー・マイ・コッド!】
・Old-School Gamer / OSG 【レトロゲーマー】
・On-disc DLC 【ディスク内DLC】
・On-Rails Shooter 【レール式シューティング】
・Optional 【任意の / 必須でない】
・Original Console 【実機】
・OTK 【ワン・ターン・キル】
・Ouch! What do you do? 【イタイ! お仕事は何を?】
・Overleveling 【必要以上にレベルを上げる】
・Overpowered / OP 【強すぎる】

・Pack-in Game 【同梱ソフト】
・Pac-Man Elbow 【パックマン・エルボー】
・Palette-Swap Character 【色違いのキャラクター】
・Panty Shot 【パ●チラ】
・Persistent Bodies 【死体存続】
・Physical Card / Virtual Card 【物理的なカード / 仮想のカード】
・Physical Copy 【パッケージソフト】
・Pickup-and-Play Game 【お手軽ゲーム】
・Pixel Hunting 【ピクセルハンティング / 微小物の探索】
・Platform-exclusive 【特定のプラットフォーム限定の】
・Platformer / Platform Game 【プラットフォーマー】
・Plumber 【配管工】
・Point of Interest / POI 【興味深い地点】
・Point of no return 【引き返し不能地点】
・Pokefication 【ポケモン化】
・Pokemon Pickup Lines 【ポケモン口説き文句】
・Polish 【磨きをかける】
・Polybius 【ポリビウス】
・Ponification 【ポニー化】
・Post-game Content 【クリア後のコンテンツ】
・Potato Face 【ジャガイモ顔】
・Power-up 【パワーアップアイテム】
・Pretty Cool Guy 【すごくカッコイイ男】
・Pre-launch Hype 【ローンチ前の盛り上がり】
・Product Placement 【プロダクトプレイスメント】
・Protagonist / Antagonist 【主役 / 悪役】
・ProTip 【プロのアドバイス】
・Pseudo Boss Fight 【疑似ボス戦】
・Psychic DP 【先読み昇龍】
・PS3 has no games 【PS3にはゲームがない】
・PS3 is too cheap 【安すぎたかも】
・Public Enemy No. 1 【社会の敵ナンバーワン】
・Pubstomper 【パブストンパー】
・Purple Lunchbox 【紫色の弁当箱】
・Put one's Quarter up 【置きコイン / アーケードゲームの順番予約】

・Quadrant 【Xbox 360のコントローラー割り当て】

・Rage Ban 【逆ギレBAN】
・Rage quit 【キレ落ち】
・Rainbow of Death 【死の虹】
・Rejected Megaman Bosses 【ボツになったロックマンのボスキャラ】
・Release Window 【発売時期】
・Remember to flash the toilet. 【トイレを忘れずに照らすように】
・Rental Service 【レンタルサービス】
・Replay Value / Replayability 【リプレイの価値】
・Reproducibility 【バグの再現性】
・Retraceable 【引き返し可能な】
・Reverse Localization 【逆ローカリゼーション】
・RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】
・Rubber Band AI 【ラバーバンドAI】
・Rule 63 【男性キャラの女体化】

・SakuraFish 【桜フィッシュ】
・Savescum 【セーブスカム】
・Screen Peeking 【画面覗き】
・Seafood soup! 【ゆでだこ!? ゆでだこ!?】
・Second Playthrough 【2週目プレイ】
・Secondhand Market / Secondary Market 【中古市場】
・Shake the joystick and press the buttons rapidly. 【レバガチャ】
・Sheep 【Wii信者】
・Shoes of ~ 【~を使ってプレイする】
・Shoot the Core 【コアを撃て】
・Shoulder Buttons 【ショルダーボタン】
・Shovelware 【粗製濫造ソフト】
・Sick and tired, tired and sick. 【うんざりの ざりのうんだね】
・Sitting on the shelf collecting dust 【棚でホコリかぶってる】
・Soft Lock 【ソフトロック】
・Some may call this junk. Me, I call them treasures. 【ガラクタだって言う人もいるけど、俺は宝物って呼んでる】
・Sonichu 【ソニチュー】
・$ony 【$ニー】
・SonyGAF 【ソニーGAF】
・Sonyland 【ソニーランド】
・Sound FX / SFX / Sound Effects 【効果音】
・Spamming 【同じ攻撃の繰り返し】
・Spawn Camping 【スポーンキャンプ / リスポーンキル】
・Spectacle Fighter 【ド派手な格闘アクション】
・Spiked Pit / Pit Spikes 【トゲ穴】
・Spiritual Successor 【魂の継承者 / 心の続編】
・Spoiler Warning 【ネタバレ注意】
・Square just shot themselves in the foot. 【スクウェアは墓穴を掘った】
・Squeenix 【スクウィーニックス】
・START Button 【STARTボタン】
・STATS / Statistics 【統計データ】
・Stupid AI 【おバカなAI】
・Suicide Bullet 【撃ち返し弾】
・System 【本体】

・Teabagging 【ティーバッグ】
・Tentacle Hentai 【触手モノ】
・Text parser 【テキスト入力型アドベンチャー】
・Thank God your safe! 【ぶじか! よかった】
・The First of Us 【ファースト・オブ・アス】
・The Mario Maker 【マリオのメーカー】
・Third Console Curse 【第3コンソールの呪い】
・This guy are sick 【彼たちは病気なの】
・This is not enough Golds. 【おかねがたりませんよ】
・This isn't even my final form. 【これでもまだ最終形態ではない】
・Throwaway Account 【捨てアカ】
・Thunder thighs 【雷の太もも】
・Too much water 【水が多すぎる】
・Townsperson / Townspeople 【村人】
・Trade Show 【見本市】
・Trombe Override 【『Trombe!』の優位性】
・Trust the Fungus 【キノコを信じろ】
・Turn the PlayStation upside-down 【プレイステーションを逆さに置く】

・Underleveling 【あまりレベルを上げない】
・Ungaahhhh! 【ウボァー!】
・Unsafe 【隙のある】

・Vendor Trash 【ベンダートラッシュ】
・Video Game Adaptation 【~のゲーム化 / ゲームの~化】
・Video Game Arcade 【ゲームセンター】
・Video game quotes 【ゲームの名フレーズ】
・Vidya Gaem 【ビジャガエム】
・Vitassurance 【Vita虚勢】

・Waggle 【ワグル】
・Waka waka waka waka 【ワカワカワカワカ】
・Walkthrough 【攻略ガイド】
・Water Jobs 【水のクリスタルのジョブ】
・Weeaboo 【ウィーァブー】
・What is a man? A miserable little pile of secrets. 【人間とは何か? 哀れでちっぽけな神秘の堆積だ】
・What kind of decision was this? 【どんな判断だ】
・Who's That Pokemon? 【だ~れだ?】
・Wii Fit Trainer Weighs In! 【Wii Fit トレーナー参戦!】
・Wii is more fun 【Wiiの方が楽しい】
・Wild Rose / Rosebud 【のばら】
・Win Quote 【勝利ボイス / 勝利メッセージ】
・Wineglass Method 【ワイン持ち】
・Wise fwom yo gwave! 【わ~いおんみょんめ~い!】
・Woolseyism 【ウールジー主義】
・Worst Game of the Year 【今年最低のゲーム】

・Xbox 360 Towel Trick 【Xbox 360 タオル法】

・Yes! Yes! 【いいぞ! いいぞ!】
・Yo-ge, Kuso-ge 【洋ゲーは糞ゲー】
・You Are Mr. Gay 【あなたはミスター・ゲイ】
・You Found Meat of Skeleton 【がいこつのにくが おちている】
・Your hair looks like a Chocobo! 【クラウドったら!!チョコボ頭のくせに!】
・Your day has come, Jaquio! 【おのれ邪鬼王!】
・You're Winner 【あなたは勝者】

・2-Player 【2人プレイモード】
・360 【レバー1回転】
・40 out of 40 【40点満点】
 


☞ 関連記事

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定②

110981432.jpg


当サークルで制作した同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』を、洋ゲー関連グッズ中心のお店「bit-games」(ビットゲームズ)さんで取り扱っていただけることになりました。

現在、商品サイトにて予約受付中とのことですので、ご興味がある方はぜひご予約いただけますと幸いです。

また、「bit-games」さんのブログでこの同人誌の宣伝記事を書いていただきました。本誌の魅力が十分に伝わるような内容になっていて、とてもありがたいです! 特に以下の一文は、作者の私も盲点だったといいますか、確かに昔のゲームだからこそ何でも寛大な精神で受け止められる部分ってありますよね。

時には誤訳や物議を醸し出すような訳もあると思いますが、
月日の経過したレトロゲームということもあって、
許容して楽しめるというのも本書の魅力1つかな、と思います。



この『レトロゲーム超翻訳セレクト』に続く第二弾を制作することも検討しています。今回のように翻訳にフォーカスするのではなく、もう少しローカライズ全体に範囲を広げた内容にしようかなと考えていますが、まだ詳細は未定です。その際に、何らかの形でご協力いただけるゲストを募らせていただくと思いますので、どうぞよろしくお願いします! (次回はインタビュー記事なんかもを入れたいな~、などと思っています)


このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

☞ 関連記事

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い

先月末に発売された洋書『Legends of Localization Book 2: EarthBound』(ローカライズの伝説 第二巻 マザー2)が昨日我が家に届きました。その内容が、おもわず読みふけて寝不足になってしまうほど面白かったので、ここで簡単に紹介したいと思います。

まず概要です。本書は、1994年にスーパーファミコンで発売された『MOTHER2 ギーグの逆襲』英語ローカライズについて、それはそれは詳しく解説している本。著者は、ローカライズ研究サイト「Legends of Localization」を運営しているクライド・マンデリン氏です。価格は、日本への送料込みで51ドル。少々高額に感じるかもしれませんが、432ページフルカラーで装丁も非常に豪華ですので、決して高い値段ではない・・・・・いや、むしろ安いくらいだと思います。

この本の何がすごいかっていうと、英語版の面白い翻訳やグラフィック変更などをザッと紹介するのではなく、ひとつひとつの要素について可能な限り深く掘り下げて解説しているのです。まさに「徹底解剖」という言葉がふさわしい、とっても濃~い内容に仕上がっています。

例えば、サターンバレーで登場する人気キャラクター「どせいさん」の台詞に、「ぐんまけん!」というものがありました。群馬県は『MOTHER2』の製作者である糸井重里氏の出身地。英語版ではこの「ぐんまけん!」という台詞が「ダコタ!」(Dakota)に変わっているというのです。

IMG_0427.png

ダコタというのはアメリカの地名ですが、この本では群馬とダコタの地理的な類似性(両方とも自然が多く、田舎的な雰囲気である点)を説明し、原文の意匠をちゃんと踏襲した翻訳であるというところまできちんと解説しているのです。

IMG_0428.png
写真も、わざわざ似たような構図のものを使っていますね!


また、スターマンの宇宙人語の翻訳を取り上げている場面では、

IMG_0425.png

ほかのローカライズ作品で宇宙人語やロボット語がどのように訳されているか、という点まで掘り下げています。

IMG_0426.png
すべての単語を大文字にすることで、宇宙人やロボットの口調を表現しているケースが多いようです。


さらに、日本語版で「前田日明のリングス」について言及しているキャラクターがいるのですが、

IMG_0429.png

この本では、英語圏の格闘技ファンのために、前田日明氏や「リングス」の説明までしているのです。

IMG_0430.png

右下に、「前田日明の最も有名な入場曲は『キャプチュード』だ」と書かれていますが、これってWikipediaを調べたくらいじゃ知り得ない情報ですよね。こういう細かい点まで掘り下げていて素晴らしい! そういえば糸井重里さんは格闘技の大ファンで、リングスのテレビ放送で解説なんかをしていましたね。ナイマン蹴りとか懐かしいなあ・・・。


と、このように、『MOTHER2』の英語ローカライズをこれでもかというほど突き詰めて研究している書籍です。すべて英語で書かれているのでちょっと読むのが大変だとは思いますが、スクリーンショットや参考写真が非常に多いため、英語がニガテな読者でも何となくは意図が伝わるのではないでしょうか。

私のようにレトロゲームのローカライズ事例に興味を持っているゲーマーにとってはまさに必読の一冊といえます。ご興味がある方は、ぜひ販売サイトを見て購入をご検討ください!

ではでは。


このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

☞ 関連記事

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定①

こんにちは。

11月6日、レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド25」に参加させていただき、『レトロゲーム超翻訳セレクト』という同人誌を頒布しました。ご購入いただいた皆様、どうもありがとうございます!


IMG_0329.png


開場から2時間弱ほどで200部完売したこともあり、イベントが終わった現在もまだそれなりに需要があるのではないかと考えています。そこで、本誌を増刷し、同人ショップに委託することを検討しています。もしくは、「ゲームレジェンド」のような同人イベントがまたあれば、そこで再頒布させていただくかもしれません。

どんな形で再頒布するかは未定ですが、第二版に向けて体裁の面でいくつか変更したい要素があったため、いろいろと実験しては自宅のプリンターで試し刷りをしていました。


↓表紙の明るさを変えて試し刷り
IMG_0354.png


↓本文の文字フォントを変えて試し刷り
IMG_0355.png


ほかにも、初版の仕上がりを見たら背幅が割とあったので、第二版では背表紙にもタイトル名を入れます。

こういった変更を加えたうえで、本日、印刷会社さんにデータを入稿しました。仕上がりを見て問題がなさそうであれば、本格的に再販方法を決めたいと思います。

本誌にご興味がある方は、ぜひ続報をお待ちください!


このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

☞ 関連記事

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ②

ゲーム開発者協会「IGDA」のサイトでこの同人誌を宣伝していただいたようです(感謝!)。


こんにちは!

2016年11月6日(日)に川口市市民ホールフレンディアで開催されるレトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド25」にサークル参加します。当サークルで頒布するのは新刊『レトロゲーム超翻訳セレクト』。価格などが決まりましたので、以下に詳細を載せておきます。

・題名:レトロゲーム超翻訳セレクト
・価格:800円
・サイズ:A5
・ページ数:112
・カラー:表紙のみカラー、本文モノクロ


IMG_0318_2.png


IMG_0322_1.png


IMG_0324_1.png


IMG_0320_1.png


今回はこの一冊のみの頒布であり、既刊の再頒布などはありません。

また、この800円という価格は今回のイベント限定のものとお考えいただければと思います。同人ショップに委託する際に値上げをしたり、1年後や2年後に在庫処分として頒布する際に値下げをしたりする可能性があります。

「ゲームレジェンド25」にお越しの方は、ぜひ当サークルのブースでこの同人誌を試し読みしていただけますと幸いです!

ではでは。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

☞ 関連記事

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ①

ゲーム開発者協会「IGDA」のサイトでこの同人誌を宣伝していただいていたようです(感謝!)。


こんにちは!

2016年11月6日(日)に川口市市民ホールフレンディアで開催されるレトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド25」にサークル参加します。サークル名は「ろーからいず屋さん」。スペースの場所は現在未定ですが、開催日までには同イベントのサークルリストに記載されるものと思われます。

当サークルで頒布する同人誌は『レトロゲーム超翻訳セレクト』。原稿サイズはA5。ページ数は、前書きと奥付も込みで112ページになる予定です。価格は決定次第、追って告知致します。



同人誌表紙
↑無意識のうちに「超」を赤文字にしていましたが、これはおそらく『超魔界村』の影響です。



IMG_0315_3.jpg
↑自宅のプリンターで試し刷りしたもの



この同人誌は、レトロゲームのローカライズ作品から面白い翻訳(テキスト改変)を100個紹介する、という内容です。「面白い翻訳」というのは、「興味深い」(Interesting)と「面白おかしい」(Funny)のどちらでもあります。つまり「名訳」と「迷訳」の両方を織り交ぜて取り上げる同人誌となります。

1つの翻訳に1ページずつ割き、

 ・原文と訳文
 ・そのテキストが表示される場面の文脈
 ・英語の意味
 ・似たような翻訳があれば併せて紹介
 ・その他特筆事項

といった情報を交えつつ、なるべく詳しく解説するスタイルをとっています。ページ数が多い分、頒布価格が一般的な同人誌より高めになる点、あらかじめ謝罪しておきます。来年のイベントに向けて、テキスト量や翻訳の数を絞るなどしてもう少し価格を抑えることも検討しております。

また、レトロゲームやローカライズに造詣の深い方々から本誌用にコラムを書いていただきました! どのコラムも本誌との親和性が高く、なおかつ非常に興味深い内容です。私自身、大変勉強になりました。執筆してくださった皆さん、誠にありがとうございます!

 近藤いなさん(英語の擬声語を解説するコラム)
 雷更新世さん(ポケモンのローカライズに見られる工夫を紹介するコラム)
 ESPANAさん(1バイトや2バイトの最大表記数とレトロゲームの関係に着目したコラム)
 まめさん(ザ・ファミコンタイトラー! ゲームの邦題と洋題を比較するコラム)


この同人誌で取り上げる翻訳について、原文をすべて以下に載せておきます。これらの訳文が知りたい方は、ぜひぜひゲームレジェンドで本誌をご購入いただければと思います!

ではでは。



■「日→英」翻訳(89個)
 
タイトル名原文
『覇邪の封印』2000ゴルダになるが、よいかな。
『エリア88』ふいーっ 死ぬかとおもったぜ!
『マッスルボマー』このうらみ、はらさでおくべきか! 必ずおかえししてやる。
『カダッシュ』ヒヒーン
『ドラゴンスレイヤー 英雄伝説』困ったことがあったら何なりと、私に話しなさい。
『ドラゴンスレイヤー 英雄伝説』今日の夕食は王子さまの大好きなビーフシチューですよ。
『超魔界大戦! どらぼっちゃん』ううっ・・・ こんなチビにやられるなんて・・・
『高橋名人の大冒険島II』どうか、私を助けて下さい
『ファイヤー・ファイティング』・・・・・アタマをひやして、でなおしてこい!!
『ファイヤー・ファイティング』ミッションをせんたくしてくれ
『レナス 古代機械の記憶』こまっている ひとが いたら、 わたしの ちからで すくってあげたい。
『レナス 古代機械の記憶』コームのけんは こわれてしまった!
コームのかぶとは こわれてしまった!
コームのよろいは こわれてしまった!
『重装機兵ヴァルケン』・・生きてかえってきて
『ダウンタウン熱血物語』げーっ!
『くにおくん』シリーズくにお
『びっくり熱血新記録!』どくやく
『レッドアリーマー 魔界村外伝』こうして まかいは もとのすがたを とりもどし
『デモンズブレイゾン 魔界村 紋章編』新たな敵を 求めて・・・
『武者アレスタ』駄目です隊長! ここであの要塞を叩かないと戦局は変わりません!
『ニュートピア』ちからの かぎり たたかうのぢゃ!
『ランドストーカー 皇帝の財宝』ほんとはね しばられてるとき ちょっと おもらししちゃったの ないしょよ
『ランドストーカー 皇帝の財宝』お城の兵たいさんが なん人も 地下へはいっていったけど みんな にげかえってきたよ けけけけけけ・・・・
『おいらじゃじゃ丸!世界大冒険』これしか、あいつを、たおせない!
『おいらじゃじゃ丸!世界大冒険』このちにきた、よそものは、わたしがゆるさん!
『超攻合神サーディオン』やろうぜ!タコ野郎なんて一撃だ!
『ロックマン7』・・・・・・(無言)
『LUNAR ザ・シルバースター』・・・・・・(無言)
『LUNAR ザ・シルバースター』ここを通れば 合格なんだけど 先は長いなあ・・・・ まあ とにかく ガンバろう
『ポケットモンスター クリスタルバージョン』ポケットモンスターの せかいへ ようこそ!
『Sa・Ga2 秘宝伝説』オーリービーアーー!!
『デッド・ダンス』P.Yunma
Prince.K
Shimura
Ohta
Inoue
Akiyama
Nakagawa
『キッドクラウンのクレイジーチェイス』ぷろぐらむ
『アクタリオン』カボチャ大王
『サラダの国のトマト姫』『オニオン王家の秘密の花園』
『ねえノーミン、こっち向いて』
『サラダの国のトマト姫』キャピキャピの女子大生です。アルバイトのようです。
『サラダの国のトマト姫』ひんしゅくをかいました。
『ヨッシーアイランド』さわるとふらふらワタボー
『エストポリス伝記II』ラミティ、いーもの見せてやるよ。
『エストポリス伝記II』ちっ! まだ勝負はついてないからな!
『エストポリス伝記II』マキシムだって、デレーっと見てたじゃない!
『聖剣伝説2』ラビにクリティカル!
『聖剣伝説2』ほりだしもニョもありますナゴ。
『新創世記ラグナセンティ』スカンタ
『新創世記ラグナセンティ』スライミ
スラパー
スラピー
スラプー
『コズミック・ファンタジー2 冒険少年バン』おめェ、いったい・・・?
『コズミック・ファンタジー2 冒険少年バン』ここがキサマらの墓場だ!
『コズミック・ファンタジー2 冒険少年バン』そうですか残念です お気をつけて
『ブレス オブ ファイアII 使命の子』わたくし、タペタ いいますね
『スーパードラッケン』アレクスーーー!
『スーパードラッケン』ハイヤーッ
『スラップスティック』その大宇宙の どこかに 極楽星という 小さな星があり
『セレクション 選ばれし者』ハ・ン・ド・パ・ワーーーッ!!!!
『ニトロパンクス マイトヘッズ』そいつにはオレの いぶくろが かかってるンだよ!
『イースII』アドルさん。ときどきでいいから思い出してください。私のような女の子がいたってことを・・・
『イースIII』いつか・・・ いつかきっと。
『ダンジョンエクスプローラーII』アイラの玉
『ダンジョンエクスプローラーII』とにかく 助かったよ!
『ダンジョンエクスプローラー』わしのぶか チャンダーがまっておる
『星のカービィ スーパーデラックス』カービィたちの、こうげき!
『ラッシング・ビート乱』くっ。この私がやぶれるとはな・・・
『負けるな!魔剣道』あなた けんどうを おやりになるのね。でも テニスで このわたしに いどもう なんて ひゃくまんねんは はやくってよ!
『スーパーマリオワールド』YOU ARE SUPER PLAYER !!
『スーパーマリオブラザーズ3』ありがとう! やっと きのこのせかいに へいわがもどりました。
『ランボー』ANGER
『ストリートファイターII』しょうりゅうけん を やぶらぬかぎり おまえに かちめはない!!
『ゼルダの伝説』ドドンゴ ハ ケムリ ヲ キラウ
『リンクの冒険』オレノナハ エラー ダ
『忍者龍剣伝』女か。もう心配ない。さあ行け。
『クロノ・トリガー』グランとリオン
『ファイナルファンタジー』この ガーランドが けちらしてくれよう!
『ファイナルファンタジーV』エクスカリパー
『ファイナルファンタジーVI』ヒーーー くっそー! このかりは必ず返しますよ!
『ファイナルファンタジーVI』とも よや すら かに
『ファイナルファンタジーIV』なにが ちがうと いうのだ!
『ファイナルファンタジーIV』フロータイボール
『天地創造』ホールホル
『かまいたちの夜』宝はシュプールの中にある
1と3の間
冥土へと向かう道の途中
負け犬は去れ
車井戸がきしるから
あの泥棒がうらやましい
あなたに似た人より早く
たからのありかを探りだせ
『ドラゴンクエスト』えにくすは たいまつを みつけた。
『ニュートピア』フレイの いのちの ちからが ひとつ あがった。
『ドラゴンクエスト』スライムが あらわれた!
『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』ばくだんいわは メガンテを となえた!
『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』ひと晩 たったの10ゴールド!
『スーパーマリオRPG』兄さんの やくにたちたい
『スーパーマリオRPG』マリオ、カクゴしろ!
『スーパーチャイニーズ2』ここは グルメのさと マンプク アルのことネ
『ファイナルファイト』OH! MY GOD!!
『へべれけ』へべれけ
『スーパーエアダイバー』確かに文明は そうして 進歩してきたんだろうな・・・・・・
『ファリア 封印の剣』そうか わかった。すぐに たびだつがよい。



■「英→日」翻訳(11個)
 
タイトル名原文
『アニマル武乱伝 ブルータル』Be your own best friend.
『アニマル武乱伝 ブルータル』Taunt
『マニアックマンション』Tum te tum. Dum de dum.
『マニアックマンション』222 Skyscraper Way
『シャドウラン』Big guns and no brains make a deadly combination.
『シャドウラン』Protector of the jokers.
『シャドウゲイト』Bellowing like a fool, you leap off the bridge and into the blaze!!
『シャドウゲイト』It takes only a couple of seconds before you hit the bottom with a thud.
『ファーストサムライ』The samurai again travels into the future aboard the Demon King's time elevator.
『ドラッケン』Alas!! The Drakkhen islands spreads and dragons fill the skies.
『ウィザード オブ イモータル』Take your last breath!


このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

☞ 関連記事

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ

PGO_Logo.png


こんにちは。管理人です。

2016年7月22日に日本での配信が始まった『Pokémon GO』ですが、皆さんは遊んでいますでしょうか? 管理人は毎晩のように町を徘徊してそろそろ体力的にキツくなってきた段階です。

本作は日本に先立って海外で配信されていたことや、海外でも膨大な数のユーザーがいることから、海外サイトから本作の情報収集をしたり、逆に海外向けに情報を発信したりするユーザーも多いのではないかと思われます。そんな時のために、海外の『Pokémon GO』の攻略記事やWikiなどで頻出するゲーム用語や英語表現をリストアップしてみました。何かのお役に立てれば幸いです!


※本リストに載っている英語表現はほんの一例です。同じ意味を持つ表現は他にいくらでも存在すると思われます。

※ポケモンの名称に関しては、日英の対訳表を作っていらっしゃるサイトがすでにありますので、そちらをご覧ください。



■マップ関連
PGO_Walking.png

日本語英語備考・例文
(ポケモンが)出現するappearA wild ~ appeared!
(あ!野生の~がとびだしてきた!) 
spawn
出現確率spawn rate
ケータイが振動するphone vibrates
(マップ上で)舞っている草rustling leavesその場所にポケモンが潜んでいることを
意味するエフェクト
rustling grass
発電所power plantピカチュウが出やすいといわれているスポット
power station



■ポケストップ関連
PGO_Pokestop.jpg

日本語英語備考・例文
ポケストップPokéStop単に「stop」とも呼ばれる
(ポケストップを)訪れるvisit
(ポケストップが)遠いfar awayThis PokéStop is too far away.
(ポケストップへ近づいてください)
(写真を)スワイプするswipe
写真が入っているディスクphoto discSpin the photo disc.
(写真ディスクを回転させる)
(ポケストップから)
アイテムを入手する
lootThis stop can be looted.
(このポケストップからアイテムを入手できる)
ピンクの花びらpink petalsルアーモジュールがセットされていることを
示すエフェクト



■捕獲関連
PGO_Capture_2.png

日本語英語備考・例文
野生のポケモンwild Pokémonタマゴから孵化させる
ポケモンではなく、
マップで出現するポケモン
モンスターボールPoké Ball
(モンスターボールを)投げるthrow
ターゲットリングcolored ringポケモンの周りに表示される、
緑、黄色、オレンジ、赤のリング
inner circle
カーブボールCurveballモンスターボールに回転を加えて
捕獲した時に得られるボーナス
(ポケモンを)モンスターボールに
閉じ込める
encapsulate
(モンスターボールから)
脱出する
break freeBreak out of a Poké Ball.
(モンスターボールから脱出する)
break out
(ポケモンが)逃げるrun away
(ポケモンを)捕獲するget~ was caught!
(~を捕まえた!)
capture
catch
obtain
やったー!Gotcha!
ARモードAR mode「AR」は「Augmented Reality」
(拡張現実)の略
(ARモードを)無効にするturn offTurning off the AR mode
centers the Pokemon on screen.
(ARモードを切るとポケモンが
画面中央に表示される)



■タマゴ関連
PGO_Egg.jpg

日本語英語備考・例文
タマゴPokémon egg単に「egg」とも呼ばれる
(タマゴを)孵化させるhatch
incubate
孵化装置IncubatorPlace the egg inside an Incubator.
(タマゴを孵化装置にセットする)
(孵化までに)
必要な歩行距離
required distance
required kilometers
アプリが起動している状態でwhile the app is open起動状態でないと
歩数がカウントされない
2KM歩くと孵化するタマゴ2 KM Egg「5 KM Egg」や「10 KM Egg」もある
おや?Oh?タマゴが孵化する際に表示される
メッセージ



■ポケモン関連
PGO_Roster.jpg

日本語英語備考・例文
図鑑PokédexRegistered to Pokédex.
(新しく図鑑に登録されます)
コンバットパワー(CP)Combat Power
タイプType
Elemental type
重さWeight
高さHeight
進化系統Pokemon speciesコラッタ→ラッタなど
(ポケモンを博士に)
転送する
transfer
お気に入りFavorite
ウィロー博士Professor Willowポケモンを転送すると
キャンディーをくれる人物
(ポケモンの)
名前を変更する
rename
最初のポケモンstarting Pokémonヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネの
どれか
第一世代(初代)のポケモンGeneration I Pokémon2016年7月現在は第一世代のみ
ポケモンGOに登場する
地域限定の(ポケモン)region-exclusiveアジア限定、オーストラリア限定
などがいる
ノーマルNormal
ほのおFire
みずWater
くさGrass
でんきElectric
こおりIce
かくとうFighting
どくPoison
じめんGround
ひこうFlying
エスパーPsychic
むしBug
いわRock
ゴーストGhost
ドラゴンDragon
あくDark
はがねSteel
フェアリーFairy



■アイテム関連
PGO_Items.png

日本語英語備考・例文
ショップShop
ポケコインPoke Coin (PC)
モンスターボールPoké Ball
お香Incense
幸せタマゴLucky Egg
ルアモジュールLure Module
孵化装置Egg Incubator
バッグアップグレードBag Upgrade
ポケモンボックス
アップグレード
Pokémon Storage Upgrade
スーパーボールGreat Ball
ハイパーボールUltra Ball
ズリの実Razz Berry
アメCandy
星の砂Stardust
キズぐすりPotion
いいキズぐすりSuper Potion
すごいキズぐすりHyper Potion
元気のかけらRevive
カメラCamera初期状態で所持
無限孵化装置Egg Incubator ∞初期状態で所持



■プレイヤー関連
YAuNp.png 

日本語英語備考・例文
冒険ノートJournal
始めた日Start date
メダルMedal
ジョギングJogger
カントーKanto
コレクターCollector
けんきゅういんScientist
ブリーダーBreeder
バックパッカーBackpacker
つりびとFisherman
バトルガールBattle Girl
エリートトレーナーAce Trainer
じゅくがえりSchoolkid
カラテおうBlack Belt
とりつかいBird Keeper
バッドガールPunk Girl
いせきマニアRuin Maniac
やまおとこHiker
むしとりしょうねんBug Catcher
オカルトマニアHex Maniac
てつどういんDepot Agent
キャンプファイヤーKindler
かいパンやろうSwimmer
にわしGardener
でんきグループRocker
サイキッカーPsychic
スキーヤーSkier
ドラゴンつかいDragon Tamer
メルヘンしょうじょFairy Tale Girl
たんパンこぞうYoungster
ピカチュウだいすきクラブPikachu Fan



■成長関連
PGO_Evolution.png

日本語英語備考・例文
強化Power Up
進化EvolutionEvolve into ~
(~に進化する)
トレーナーレベルTrainaer level
レベルアップ報酬Level-up rewards
12個のアメを消費する進化12-candy evolution「25」や「50」もある



■ジム関連
PGO_Gym.jpg

日本語英語備考・例文
ジムGym
ジムレベルGym Level
名声Prestige
(ジムを)占領するclaim
占領されていないunclaimedIf the Gym is white, it means it is unclaimed.
(白いジムは占領されていないことを示す)
(奪われたジムを)
取り返す
reclaim
チームインスティンクトTeam Instinct黄色チーム
チームミスティックTeam Mystic青チーム
チームヴァーラーTeam Valor赤チーム
スパークSpark黄色チームのリーダー
ブランシェBlanche青チームのリーダー
キャンデラCandela赤チームのリーダー
敵勢力rival team
rival faction



■バトル関連
pokemon-go-gym-battle-better-422x750.jpg 

日本語英語備考・例文
通常攻撃normal attack
basic attack
スペシャル攻撃special attack
special move
special ability
よけるdodge
効果はばつぐんだ!Super effective!
効果はいまひとつだ...Not very effecive...




 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

☞ 関連記事

ブログパーツ