最新記事


『ウォーリーをさがせ!』の面白翻訳をさがせ! (09/09)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が販売開始! (06/17)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

総記事数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Water Jobs 【水のクリスタルのジョブ】

通常は「水にかかわる仕事」という意味になるようだが(ライフガードや水道局員など。水商売は関係ない)、FFIIIおよびFFVの文脈では、「水のクリスタルから得るジョブ」という意味になる。より丁寧に表現するならば“Water Crystal Jobs”だ。また、風火土のクリスタルのジョブも同様に、Wind Jobs、Fire Jobs、Earth Jobs などと表すことができる。FFVでは、水のクリスタルのかけら(shard)で1つ取れないものがあるが、実は第三世界で同じ場所を訪れると……。

FinalFantasy518.png



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
スポンサーサイト

☞ 関連記事

SonyGAF 【ソニーGAF】

海外のゲハ用語。大手ゲーム系掲示板「NeoGAF(Neo Gaming-Age Forums)」の蔑称である。同掲示板にはソニー信者が多く生息すると言われており、彼らの言動によって不快な目に遭った(と思っている)他社のファンが反感を込めて、同掲示板を SonyGAF と呼ぶことがある。例えば、『HALO』のネガキャンは放置なのにSCEのタイトルを批判するとすぐにバンされる、などといった報告から、同掲示板の運営の中にSCE関係者が紛れ込んでいるのでは?という懐疑的な声もあるが、真偽の程は不明だ。当然、ただの被害妄想も含まれているだろう。



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

Persistent Bodies 【死体存続】

キャラクターの死体が即座に消えずにマップ上に残り続けるシステムのこと。メモリを圧迫するというデメリットはあるものの、臨場感がアップするという理由で、特に洋ゲーマーの間では高く評価される。PC用RTSの『Warhammer 40000: Dawn of War』では、Persistent Bodies 機能を追加するパッチが配布された。ちなみに、キャラクターモデル/環境モデルに残り続ける血痕や弾痕などは“Persistent Decals”と呼ばれる。

bodycount7cc.jpg



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

Assume right facing 【右向き時】

格ゲーのコマンド説明の際、「これらのコマンドは、自キャラが右を向いている場合を想定しています」という意味で添えられる文言。これ以外にもさまざまな表現の仕方が存在する。日本の格ゲー界では「右向き時」という注記が一般的か。

SF4_Manual.png



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

Euroshmup 【ユーロシュマップ】

shmup の部分は“Shoot 'em up”の略であり、日本でいうところの「2Dシューティング」を指す用語だ。“Euroshmup”は、字面通りに解釈すれば「欧州で制作された2Dシューティング」という意味になるが、欧州製の2Dシューティングにはユーザーから不評を買っているものも多く、“Euroshmup”は、現在では蔑称として使われることも多い。Euroshmup にありがちな要素としてよく挙げられるのは、体力ゲージ制、バランス調整が雑、操作性に難あり、でもグラフィックだけは秀逸、などがある。“Euroshmup”は、広義ではそういった要素を含む2Dシューティング全般を指す用語としても使われるため、例えば、Japanese euroshmup のような言い方も可能だ。



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。