最新記事


『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が販売開始! (06/17)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

Secondhand Market / Secondary Market 【中古市場】 (11/12)

総記事数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Better Break the Master Emerald 【マスターエメラルドを破壊した方がいい】

ゲーム系ミームの一つ。発祥は、ドリームキャスト用ソフト『ソニックアドベンチャー2』。同タイトルにて、マスターエメラルドが敵に奪われそうになった時、マスターエメラルドの守護者であるナックルズ自身がマスターエメラルドを破壊してしまうというエキセントリックな行動に出たため、多くのユーザーが衝撃を受けた。そして、その出来事がファンの間で語り草となり、いつしかこのミームが誕生した。いろんなセリフの末尾に表題のフレーズを添えて理不尽なセリフに変える、というのがこのミームの遊び方だ。

16094647.jpg
(エミーを妊娠させてしまった。マスターエメラルドを破壊した方がいい)
http://memegenerator.net/Confused-Knuckles/images/new/alltime/page/4



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
スポンサーサイト

☞ 関連記事

Dodongo dislikes smoke. 【ドドンゴ ハ ケムリ ヲ キラウ】

ゲーム系ミームの一つ。ネタの発祥元は、NES版『ゼルダの伝説』。同タイトルでは、「ドドンゴ」という敵を倒すために爆弾を使用する必要があるのだが、そのことを暗示する老人のセリフとして使われたのが表題のフレーズだ。が、ネイティブからすると少々不自然な英語だったのか、同フレーズはファンの間でたびたびネタにされ、ミームと化していった。MMORPGの『World of Warcraft』では、ドドンゴのパロディーキャラである「ダダンガ」が登場した。また、米国で刊行されているゲーム雑誌『Nintendo Power』では、一言ネタのコーナー名としてこのフレーズが用いられている。

579470107.jpg



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ

☞ 関連記事

Blue Bomber 【ブルーボンバー】

英語圏におけるロックマンのニックネーム。ロックマンの青いコスチュームと爆発的な強さを表現している。ちなみに、『ロックマン9』および『ロックマン10』では、Blue Bomber という名の実績が登場した。ロックマンはよくソニック・ザ・ヘッジホッグと比較されるが、これは似たような愛称を持つ者同士の宿命と言えるだろう。(ソニックの愛称=Blue Blur



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

Blue Blur 【ブルーブラー】

英語圏におけるソニック・ザ・ヘッジホッグのニックネーム。ソニックの青い体と、ブラー(ぼやけ)が発生するほどの驚異的なスピードを表現している。ちなみに、『ソニック ジェネレーションズ』のオリジナルサウンドトラックの名は『Blue Blur』であった。ソニックはよくロックマンと比較されるが、これは似たような愛称を持つ者同士の宿命と言えるだろう。(ロックマンの愛称=Blue Bomber



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

Fuji Logo 【富士ロゴ】

アタリ社のロゴの別称。日本の富士山を意識しているように見えることから、ファンの間でこう呼ばれるようになった。が、当時、ロゴデザインを担当した George Opperman 氏によると、このロゴは ATARI の「A」および同社の代表作品『PONG』のゲーム画面を意識して制作されたものであり、実のところ富士山は関係なかったとか…。

Atari-logo-585x409.jpg atari-pong.jpg



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ

☞ 関連記事

Monster in a box 【宝箱内に潜むモンスター】

宝箱の中に潜伏し、プレイヤーが宝箱を開けると突如として襲いくるモンスターのこと。『ファイナルファンタジー』シリーズの伝統的なシステム。この類のモンスターは、通常の敵よりも強力であったり、ユニークモンスターであることも多く、準備不十分で出くわすと苦戦を余儀なくされる。ちなみに、1992年に米国で『Monster in a Box』という映画が放映されたのだが、『ファイナルファンタジーVI』の翻訳者はこの映画に影響を受けたのだろうか。

FFIII_ChestMonster



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。