最新記事


『ウォーリーをさがせ!』の面白翻訳をさがせ! (09/09)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が販売開始! (06/17)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

総記事数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mai Waifu 【俺の嫁】

Hardcore Gaming 101 の Kurt さんよりご提供いただいた情報です(感謝!)。

読んで字の如く、日本語でいう「俺の嫁」にあたる用語。ユーザーがこのフレーズを使うような萌え要素を含んだゲームは、その多くが和ゲーであることから、“My Wife”ではなく“Mai Waifu”と日本語の発音を意識した表記となっている。また、そういった恋愛要素を備えるゲームは“Waifu Game”と呼ばれる。英語圏のゲーマーの間で代表的な“Waifu Game”といえば、『ペルソナ4』が挙げられるそうだ。このフレーズの発祥は、アニメ『あずまんが大王』の以下のシーン。





ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
スポンサーサイト

☞ 関連記事

League of Draven 【リーグ・オブ・ドレイヴン】

いろんなゲームキャラクターの顔を、『League of Legends』の“ドレイヴン”に差し替えるという愉快な遊び。ドレイヴンの雄々しい面構えに感銘(?)を受けたファンたちの手により行われている。ちなみに表題のフレーズは、ドレイヴンの台詞である “Welcome to the League of Draven” より。





ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

伝説のゲーム翻訳家による、『クロノ・トリガー』の英訳

突然ですが、皆さんは、自らが所属する業界や職種において、「尊敬する人物」や「憧れの存在」はいますでしょうか?

管理人はといいますと、職業上最も尊敬する人物として、“Ted Woolsey”氏という、言わずと知れたゲーム翻訳界の第一人者の方がいらっしゃいます。管理人がまだ翻訳修行中のころなどは、氏の訳文をバイブルと仰ぎ、多大なる影響を受けてきました。

Woolsey 氏は、スーパーファミコン(SNES)時代に『ファイナルファンタジーVI』や『聖剣伝説2』といったスクウェアタイトルの英語ローカライズをいくつも手掛け、その卓越した手腕でゲーム翻訳のあるべき姿を世に知らしめた、まさに“伝説のゲーム翻訳家”とも言うべき人物なのです。

氏の詳しい経歴については、Wikipediaなどをご参照いただくとして・・・、
ここでは、Woolsey 氏が担当されたSNES版『クロノ・トリガー』の英訳の中から、管理人の印象に残っているものや面白い意訳などを勝手にいくつか紹介したいと思います。


▼その1 伝説の剣
new_1.jpg
日本語:グランとリオン
英語版:Masa & Mune(マサとムネ)

日本語版ではグランとリオンで“グランドリオン”という剣であったのに対し、英語版ではマサとムネで“マサムネ”です。当時、和ゲーにおける伝説の剣といえば、“マサムネ”が最もしっくりきたのでしょうかね? 大胆かつ興味深い意訳です!


▼その2 魔物がシスターに化けている場面
new_2.jpg
日本語:私達は、世界の平和のためにいのっておりますですことよ。
英語版:We want nothing but world peace... Or a piece of the world, tee, hee...(私達が欲するのは世界平和・・・もとい世界の一部かしら、ケケケ・・・)

Peace と Piece をうまく引っかけて、魔物のしらじらしさを表現しています。日本語の「おりますですことよ」も、胡散臭さが漂っていてイイですね。


▼その3 戦意喪失した長老に活を入れる場面
new_3.jpg
日本語:長老 お前達 生きてない。死んでないだけ。
英語版:Old man breathe, but dead on inside.(長老 息してる。でも 心 死んでる)

海外のファンからも名言の一つとして挙げられる台詞です。エイラをはじめとする原始人たちの舌足らずな台詞は、英語版でもbe動詞を抜くなどして巧みに表現されています。


▼その4 走者の名前
new_4.jpg
日本語:ほいほいソルジャー
英語版:G. I. Jogger(G. I. ジョガー)

一番右にいる兵隊っぽいキャラクターの名前です。Jogger だとあまり速そうではありませんが(笑)、まあ、半ば笑いに走る場面なのでそこは重要ではないでしょう。それにしても、「ほいほい」って一体何でしょうかね?


▼その5 中世の調理場
new_5.jpg
日本語:しかし、王妃様が食べたいというクレープってな一体何だ?
英語版:What's this “Eyes Cream” stuff that Queen Leene wants so badly?(王妃様が食べたいという“アイズクリーム”ってな一体何だ?)

未来から来た王妃様(のソックリさん)から「クレープが食べたい」と言われたけど、クレープが何のことか分からず困惑する料理長です。英語版では、「アイスクリーム」と言われたものの微妙に聞き間違えてしまったようです。どんなグロい料理が出てくるのやら・・・。


▼その6 人間を憎むのをやめた魔物
new_6.jpg
日本語:いつまでも過去にとらわれていてもしかたがない。
英語版:My motto is “forgive and forget”(俺のモットーは“過去のことを根に持つな”だからな)

forgive and forget というフレーズは、このゲームで知りました。韻を踏んでいていい響きですね。隣の国にも、ぜひ見習っ(自重)


▼その7 城の兵士にからかわれる場面
new_7.jpg
日本語:と、こんな弱々しいヤツが魔王軍という事もあるまい。
英語版:Show us your stamp collection, son!(切手のコレクションでも見せるかい、坊主!)

台詞の最後に上記の一文が足され、主人公をコケにするニュアンスが強化されました。切手って、中世時代からあったのかな?


▼その8 哲学的な台詞
new_8.jpg
日本語:あなたの目に見えてる世界とアタシの目に見えてる世界とはまったくちがうものなのかもね。
英語版:Or a bowling ball dreaming I'm a plate of sashimi?(それとも私は、刺身を盛った皿だと思い込むボウリングの球なのかしら?)

英語の方は、思慮深いながらも例えが俗っぽくて少々笑える台詞になっています。なぜ刺身とボウリング球?と疑問に思いましたが、硬さや目的など、さまざまな面で対照的なものを選んだのでしょうね。


▼その9 強敵に怯える者が残した書置き
new_9.jpg
日本語:こんなことだったら、ギロチンの刑になっていてくれればよかったのに。
英語版:I'd rather have my gums scraped than have to fight these fiends.(あんな悪魔どもと戦うくらいなら、歯グキを擦りむく方がマシだ)

何のこっちゃ?と誰しもが思うこの台詞ですが、実は、同じく Ted Woolsey 氏が翻訳を手掛けた『聖剣伝説2』の英訳のオマージュでした。遊び心が垣間見える、管理人好みの訳です♪

new_10.jpg
兵士長:背中マッサージしろよ!
プリム:そんなことするくらいなら、歯グキを擦りむく方がマシよ!



いかがだったでしょうか?

斬新な意訳ばかり取り上げてしまいましたが、全体の割合で言うと、意訳されている箇所はそう多くはありません。大部分を占める、原文から離れていない訳文に関しても匠の技が光っており、今日の翻訳業界の水準から見ても模範例として使えそうな訳ばかりです。基礎(直訳)がしっかりして初めて応用(意訳)が可能になる、というのは翻訳でも同様です(たぶん)。

『クロノ・トリガー』の対訳ファイルは、海外のファンサイトにてダウンロード可能ですので、お好みの良訳を見かけましたらぜひ教えてください。

ではでは。



☞ 関連記事

The First of Us 【ファースト・オブ・アス】

説明不要であろうが、ノーティドッグ社の最新タイトル『ラスト・オブ・アス』のパロディーだ。“最後の人類”・・・改め、“最古の人類”が生存を懸けて戦うアドベンチャーゲーム?

Blog.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=CGVIMuH6cAo



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

Half Life 3 Confirmed 【ハーフライフ3を確認】

Valve社の人気FPSシリーズ『Half Life』の最新作が確認された、という意味のフレーズ。同シリーズは、2007年に『Half-Life 2: Episode Two』が発売されて以来、長期にわたり続編が出ていない状況となるのだが、そんな現状にしびれを切らした一部ファンの手により、『Half Life 3』の存在をほのめかすコラ画像がいくつも作られ、表題のフレーズと共にネット上に張られてきた。

new_Half+Life+3+confirmed_+Think+this+is+real+Posted+by_5c851e_4630900.jpg
(左に『Half Life 3』のロゴが確認できるが、実際はコラ画像である・・・)


コラの他にも、明らかに無理がある理屈で『Half Life 3』を予期するような画像も存在する。
new_tumblr_mn7q7nWKD31s5saolo1_1280.jpg
(PS4 - Xbox 1 = 3 →『Half Life 3』を確認!)



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
 
☞ 関連記事

Pubstomper 【パブストンパー】

パブリックサーバーで初心者狩りをするプレイヤーのこと。Public と Stomper(蹂躙する者)を組み合わせた造語。このようなプレイヤーに限って、真の上級者には全く歯が立たないことが多い。



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

Wii Fit Trainer Weighs In! 【Wii Fit トレーナー参戦!】

new_new_5.jpg

先日、『大乱闘スマッシュブラザーズ』の新作に『Wii Fit』の女性トレーナーが参戦するというニュースが大きな話題を呼んだが、英語版のキャラクター紹介映像では、「体重を測る」という意味と「参戦する」という意味を併せ持つ熟語「Weighs In」が使われ、少々凝った表現となった(ロックマンや“むらびと”に関しても同様)。この発表後、同じ画面に異なるキャプションを載せたパロディー画像がネット上に出回った。


new_h8B9279DB.jpg
「まず、カロリーを燃焼させてあげる。その後、全身を燃やしてあげるわ」
http://cheezburger.com/7564434944



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

Screen Peeking 【画面覗き】

分割画面のローカル対戦時に、相手の画面を覗き見すること。覗き見とは言っても、同じテレビでプレイしているのだから視線が行ってしまうのは仕方ないと思う・・・。どうしても Screen Peeking を防止したいなら、このような方法が有効だ↓

new_no-screen-peeking.jpg
http://unrealitymag.com/index.php/2010/09/14/the-penalty-for-screen-peeking/



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

Rage Ban 【逆ギレBAN】

new_angry_gamer.jpg
FPSなどで、サーバーの管理者が他のプレイヤーを私怨でBAN(キック)すること。管理者が短気な性格だと、連続でキルされた時に激高し、このような強行手段に打って出たりする。管理者の顔を立てることを忘れずに。



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

Gamer Logic 【ゲーマーの理屈】

3423223_700b.jpg

ゲーム系ミームの一つ。ゲームの世界やゲーマーの間でのみ通用する、常識では到底考えられない(屁)理屈のこと。


(ネットで見つけた例)

●俺より下手な奴はザコだ。俺より上手い奴はヒッキーだ。皆が俺より上手いなら、俺だけラグが発生しているんだ。

●もう2週間は洗濯をしていない。でも『ペルソナ3』は1年間も積んでいるから、そっちを優先すべきだ。

●虫が出たから、ホウキで叩いてと彼に言ったの。そしたら彼は、飛行型のエネミーに白兵戦を挑むのは得策じゃない、って・・・。

●誕生日ではない。レベルアップと言え。

●兄「カンパニー オブ ヒーローズは遊んだ?」 自分「いや、あれって中毒性がありそうだからさ・・・」 兄「大丈夫。中毒性なんか皆無だ。4年間もやってる俺が言うんだから間違いない」

●クッパは僕のガールフレンドを幾度となく誘拐した。だがそれでもカートレースには誘う。

●10面ダイスを失くしたから、今度は100個セットのダイスを買おう。そうすれば、1個ぐらい失くしても平気さ。実に理にかなっている。

●史上最悪のクソゲー。それは『現実』だ。

●耳の穴に指を入れて連続で曲げてごらん。ほら、『パックマン』だろ。



もはやゲーマーの間ですら通用しない理屈が多いかも・・・。他にも知りたい方は、「Gamer Logic」で検索されたし。



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。