最新記事


『ウォーリーをさがせ!』の面白翻訳をさがせ! (09/09)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が販売開始! (06/17)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

総記事数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外部サイトの紹介 「Legends of Localization」

こんにちは! 管理人の羽無エラーです。

管理人は、自分でブログを運営するのみならず、国内外の他の翻訳者さんのブログやホームページ、コラムなどを拝見させていただくことがあります。同業者の方々のいろんな意見や情報などを取り入れることで、それを自身の仕事に活かしたり、ブログを書くうえで役立てたりすることができるからです。

その中で、管理人が頻繁に読んでいるお気に入りのサイトというのも存在します。その1つに、日英翻訳者のClyde Mandelin氏が運営する「Legends of Localization」というサイトがあります。

Mandelin氏は『MOTHER3』のファン翻訳を手掛けたことでも有名な方で、『MOTHER』シリーズやその他の和ゲーのローカライズに関するさまざまな考察を、上記サイトにて行っていらっしゃいます。日本版と英語版の違いや、ユーザーが抱く疑問に対する答えなど、いちローカライザーとしてもいちゲーマーとしても非常に興味深い内容が盛りだくさんです。

実は、「Legends of Localization」の最新記事にて、この「ゲーム翻訳者のブログ」を「日本人翻訳者が運営する同コンセプトのサイト」としてご紹介いただき、海外のゲーマーや翻訳者の方々に当ブログをご訪問いただくことができました。そのお返しといっては何ですが、「Legends of Localization」の中で管理人がオススメする記事を、ここでいくつか勝手に取り上げさせていただきたいと思います!


▼その1
「Q&A: Was Samus Called a He in Japanese Too?」
英語版『メトロイド』の説明書にて、主人公「サムス」を指す二人称が「He」になっていたが、これは日本語版でも同様なのか?という内容。気になる答えは上記ページにてお確かめあれ!

▼その2
「There’s a Localization Gem in this Generic Pokémon Clone」
『モンスター☆レーサー』に登場する「ブッシュ」というキャラクターの名前が、英語版では非常に粋な訳し方をされていた、という内容。管理人も思わず唸ってしまいました。

▼その3
「Is Watt from Paper Mario a Boy or Girl?」
『マリオストーリー』の「アカリン」は男なのか女なのか?という疑問に対する答え。英語版の名前「Watt」にネーミングセンスを感じました♪

▼その4
「Is Breath of Fire’s Massage Scene Really a Massage Scene?」
英語版『ブレス オブ ファイア』で、女性キャラクターに「肩を揉んでくれ」と頼んでくるオッチャンがいたが、日本版でも要求内容は同じだったのか? 結末はとても意外なものでした・・・。

▼その5
「A Very Quick Look at Japanese Shadowgate」
名作テキストアドベンチャー『シャドウゲイト』が、日本版ではなぜギャグゲーとして認識されているのか?について考察した記事。管理人も、子供のころは単なるお笑いゲームだと思っていました(笑)。

▼その6
「Silly Chun-Li! You Can’t be a Man!」
英語版『ストリートファイターII』にて、ガイルが女性キャラクターに対しても「Man」と呼んでいることに関する記事。ゲーム翻訳の難しさが分かる記事でもあります。チュンリーは、現在「45歳」という驚愕の事実も・・・。

▼その7
「Fan Translation: Does it Help or Hurt Getting Professional Work?」
ファン翻訳に携わることが自身のキャリアにどのような影響を与えるか?というお話。Mandelin氏の実体験を交えて熱く語ってくださっています。


とりあえずは以上です。

いかがでしょう。皆さんが気に入るような記事はありましたでしょうか? 上記以外にも面白い記事が多数ありますので、ゲームの翻訳やローカライズについて知見を広げたいという方は、ぜひ「Legends of Localization」を熟読されることをオススメします!

ではでは。
 
スポンサーサイト

☞ 関連記事

ゲーム翻訳に関するエントリー

●ブログエントリー
これまで当ブログにしたためてきたゲーム翻訳に関する記事へのリンクとなります。ご覧になりたい記事のタイトルをクリックしてください。

1 はじめに
2 翻訳ファイルのフォーマット
3 IDからコンテキストをつかむ
4 あえて英語を残す
5 変数
6 コロンの活用法
7 ゲームをプレイしながらリライト
8 改行を入れる
9 文字サイズに注意
10 表現を統一する
11 バグレポートの翻訳
12 バグレポートで使われる英語
13 未使用のテキスト
14 ユーザーフレンドリーな翻訳
15 取扱説明書の翻訳
16 キャラクターのセリフの翻訳
17 共有テキストに注意
18 程度を表すテキスト
19 低年齢層向けゲームの翻訳
20 翻訳に必要な資料
21 データで見る洋ゲージャンル
22 ローカライズで起こるテキストバグ

▼ゲーム翻訳界随一の偉人“Ted Woolsey”氏特集
1 伝説のゲーム翻訳家による、『クロノ・トリガー』の英訳
2 【前編】 伝説のゲーム翻訳家による、『ファイナルファンタジーVI』の英訳
3 【後編】 伝説のゲーム翻訳家による、『ファイナルファンタジーVI』の英訳
4 伝説のゲーム翻訳家による、『聖剣伝説2』の英訳


●ゲーミングリッシュ
また当ブログではゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』なるデータベースを立ち上げ、英語のゲーム用語を、その用語にまつわる事情や私自身の雑感等を交えて解説しております。

なお、こちら『Gaminglish』ですが、ゲームニュースサイトのKotaku JAPANさんに2度取り上げていただきました(感謝!)。

「コナミコマンド」は「魂斗羅コード」? 海外の面白ゲーム用語翻訳集
こんな呼び名ならみんなケンカしない? 海外のハード信者たちの俗称がやけにキュート (韓国語版はこちら
(某ゲーム系まとめサイトにも転載)

よろしければ、上記記事も併せてご覧いただけると幸いです。


●コラム
現在、翻訳会社「Yoshino Trad」様の日本語ブログにて、ゲストとして定期的に記事を寄稿させていただいております。ご興味があれば、ぜひこちらの記事もご一読いただければと思います。

1 ゲーム翻訳への道
(フランス語版はこちら
2 “洋ゲー指数”の高い単語
(フランス語版はこちら


以下は、ゲーム翻訳会社「アクティブゲーミングメディア」様の公式サイトに掲載していただいた拙コラムの一覧です。英語版につきましては、アクティブゲーミングメディア様の敏腕ネイティブスタッフの方が翻訳してくださったようです(ありがとうございます!)。

1 英->日のゲーム翻訳で最も多く目にする誤訳
(英語版はこちら
2 unlock(アンロック)を翻訳(ホンヤック)
(英語版はこちら
3 ゲーム翻訳のちょっとした苦労話 (掲載場所が判明次第リンクを貼ります)
4 ゲーム翻訳家よ、ネイティブ・ゲーマーであれ



☞ 関連記事

ゲーム翻訳 20 ~翻訳に必要な資料~

こんにちは、管理人の羽無エラーです。

ご存知のとおり、管理人は洋ゲーのローカライズを生業としているわけですが、ローカライズの際に、ゲームテキストの翻訳を自らの手で行う場合もあれば、外部の翻訳会社さんに依頼させていただく場合もあります。英語で数万ワード程度であればチーム内のリソースのみで消化可能なのですが、例えば10万ワードを超えるような分量になってくると、短期間でさばくのは不可能に近く、どうしても外注会社さんに頼らざるを得ません(ローカライズ部門内に翻訳専任のチームでもあれば話は別ですが)。

しかし、翻訳会社さんに依頼をする場合であっても、当然、テキストファイルのみを渡して丸投げ、というわけにはいきません。①翻訳に必要な資料をまとめたり、②固有名詞の訳語を決めたり、③開発元との質疑応答を取りまとめたりなど、ローカライズチーム内で発生する翻訳関連の業務は、実は意外と多かったりするのです。

そして、そういったディレクションをうまくこなしていけるかが、ローカライズチームの腕の見せ所でもあります。特に、上記①などは極めて重要で、翻訳開始前に適切な資料出しができるか否かで最終的な翻訳のクオリティーが決まってくると言っても過言ではないと思っています。

手前味噌な話で大変恐縮ですが、管理人が所属するローカライズチームでは、資料作成を綿密に行うことをポリシーとしているため、翻訳会社さんから感謝のお言葉をいただくこともしばしばあります。当然、その甲斐あって、翻訳会社さんから上がってくる訳文のクオリティーも毎回非常に高いものになっています。

では、翻訳を外注に出す際、テキストファイル以外にどのような資料を提出する必要があるか?ということですが、管理人としては、最低でも以下のような資料が必要だと考えています。


●ゲーム概要資料
●ストーリー資料
●キャラクター資料
●グロッサリー



一番上の「ゲーム概要資料」ですが、これはゲームのシステム、操作方法、フックとなる要素など、そのゲームの概要を伝えるための資料です。こちらに関しては、大抵、社内の幹部やファーストパーティーへのプレゼンで必然的に作成することになると思いますので、それの体裁を整えるなどして翻訳会社さんに提出すれば良いと思います。

他の3つについては、少々具体例が必要かもしれません。最近、Steamの「早期アクセス」で『Dungeon Dashers』という面白そうなタイトルを購入しましたので、同タイトルのローカライズを想定して説明してみようかと思います。

(注)
ここからの資料内容は、あくまで例です。管理人は『Dungeon Dashers』をまだ序盤の30分ほどしか遊んでいないため、資料の内容には不適切な部分や誤りが含まれている可能性が大いにあります。今後、『Dungeon Dashers』のローカライズを検討するパブリッシャーさんが出てくるかもしれませんが、資料の内容を真に受けないことをオススメします(笑)。


●ストーリー資料
読んで字の如くですが、そのゲームのストーリーを詳しく把握できるような資料です。

(例)

オブシディアン山脈に囲まれた「サンクチュアリ王国」では、住民たちは平凡ながらも平和な暮らしを営んでいた。山脈には「ルビコンの道」と呼ばれる洞窟がかねてより存在し、その洞窟を抜けた者は莫大な富を手にする、との言い伝えもある。が、安定した生活を捨ててルビコンの道へと挑む者は少なく、また、洞窟に足を踏み入れた後、王国に生還した者は、これまで一人たりとも存在しない。

ある日、王国の住人のうち4人の目の前に、青く輝く神秘の紋章が現れた。その紋章によって、彼らは内なる冒険心をかき立てられ、無意識のうちに、ルビコンの道へと各々迷い込んでいくのであった。

洞窟の中で出会いを果たす4人の冒険者たち。何者かの力により謎の場所へとワープさせられ、王国へ引き返すことができなくなった彼らは、互いの能力で助け合いながら奥深くへと進んでいく。


実際はこんな、冒頭のみを記述しただけではNGです(笑)。できるだけ詳細に、かつエンディングまでの流れを全て網羅した内容を翻訳会社さんに伝える必要があります。例えば、物語後半への伏線となってくるような台詞があった場合、それが伏線だと知っているかどうかで訳し方が全く異なってくるでしょう。また、翻訳者がストーリーの全貌を把握していれば、テキストファイル内で文字列を見ただけでも、その文字列がどんな文脈で使用されるのか想像しやすくなります。ストーリー分岐があるゲームの場合、分岐の仕方をチャートで示してあげるのも手です。


●キャラクター資料
各キャラクターの背景、性格、口調といった、各々の台詞を訳すうえで必要となってくる情報をまとめた資料です。ある意味で、この資料が最も重要かもしれません。『Dungeon Dashers』であれば、管理人は以下のように資料を作ると思います。

Ryder.png
名前:ライダー
性別:男
年齢:18~20
クラス:シーフ
一人称:僕
二人称:あなた、君
概要:
黒魔法を操ることができるが、まだ未熟で世間知らずな若きシーフ。かつて、彼の一家はとある権力者に仕えていたが、冷酷かつ貪欲な主君であったため、満足な報酬は与えられず、家族は貧しい暮らしを強いられていた。ライダーの黒魔法は、現在行方不明の父から習ったものであり、その黒魔法を活用して盗みを働き、これまで何とか生きながらえてきた。後ろめたい人生を送ってきたことから、他者に心を開くことは少なく、弱気で悲観的な言動を取ることもある。

セリフ例:
「ここはどこだ? 僕はどうして・・・?」
(ジェイコブに)「ぼ、僕のいきさつなどどうでもいいでしょう。あなたこそ、どうしてこんな場所に?」
(他の3人に)「体が冷えてきた。おしゃべりなどやめて動きませんか?」

SirJacob.png
名前:ジェイコブ将軍
性別:男
年齢:45~50
クラス:戦士
一人称:私
二人称:お前、貴様
概要:
王国の顧問と衛兵たちを束ねる老練の剣士。卓越した剣術に対する絶大の自信や、その地位の高さから、常に勝気な態度を取っており、また、他者を見下す物言いをすることもある。4人の中では最もリーダー的な存在

セリフ例:
「我が名はジェイコブ。誇り高きロイヤルガードの一員である!」
「ははは! この私が、こんなこわっぱどもにやられるとでも思ったか!」
(ライダーに)「人違いか。貴様のようなヒヨッコが魔術師であるわけがあるまい」
(アルドンに)「貴様、何者だ? 素性を明かせ」

Ardon.png
名前:アルドン
性別:男
年齢:65~70
クラス:魔法使い
一人称:わし
二人称:そなた、お前

概要:
王国の住民と交流することなく暮らしてきた魔術師。魔法に関して幅広い知識を持っているが、それが原因で教養のない一般人を蔑み、他者に対して無礼な態度で接することもしばしば。

セリフ例:
「さよう。無学な市民どもとかかわりたくないものでな」
(ジェイコブに)「そなたのような愚か者に名乗る名前などないわい」

January.png
名前:ジャニュアリー
性別:女
年齢:18~20
クラス:狩人
一人称:私
二人称:あなた

概要:
知性と分別のあるエルフ。友好的で素直な性格だが、冒険心旺盛であるため、平凡な暮らしに満足する町の一般人を退屈だと思っている。弓矢の鍛錬に多大な時間を割いてきたこともあり、これから始まる冒険に胸を躍らせている

セリフ例:
(アルドンに)「あら、おじいさん。元気かしら。まだあの掘っ立て小屋に住んでいるの?」
(ジェイコブに)「やめなさい。この人はアルドン。悪い魔術師ではないわ」
(ライダーに)「こんなきれいな森に来たんだから。楽しまなきゃ損よ」


台詞の訳し方に影響を与えそうな部分は赤文字にしました。上記のとおり、そのキャラクターの性格のみならず具体的な訳例を記載した方が、翻訳会社さんにイメージが伝わりやすくなると思います。台詞を持つ全てのキャラクターに関してこのような情報を出しておくと、現場での翻訳作業がスムーズに進むことでしょう。


●グロッサリー
何となく横文字にしましたが、要するに「用語集」です。個々の訳語をパブリッシャーが決めるか翻訳会社が決めるかは方針によるところなので、場合によっては、パブリッシャー側でグロッサリーを作成する必要はないかもしれません。正直なところ、管理人は絶望的なほど固有名詞のセンスがないので・・・、一部空欄にしておいて翻訳会社さんに訳語をご考案いただくこともあります。ズルいでしょ(笑)。

(例)
英語日本語備考
Realm of Sanctuaryサンクチュアリ王国地名
Obsidian Blockadeオブシディアン山脈地名
Passage of Rubiconルビコンの道地名
Tactical Modeタクティカルモードシステム
Ryderライダー人名
Sir Jacobジェイコブ将軍人名
Ardonアルドン人名
Januaryジャニュアリー人名


●資料の質=翻訳の質
いかがでしょう。上記に挙げたのはあくまで最低限の内容であり、実際は他にも必要な資料は多数存在すると思います。ボリュームの薄めなインディーズゲームならいざしらず、現在の重厚長大な洋ゲーのローカライズでは、翻訳会社さんに出す資料をまとめるのに、どんなに少なく見積もっても1週間はかかるのではないでしょうか。というか、それぐらいは時間をかけなければならないと思います。

翻訳を依頼する側(クライアント側)にとっては大変な手間かもしれませんが、ゲーム翻訳のクオリティーというのは、現場の翻訳者だけで上げるのには限界があります。翻訳の質を決定づける要素としては、翻訳者個人のスキルよりも、むしろパブリッシャーのディレクションのスキルの方が重要性が高いような気もします。

他にも、こんな資料があると翻訳に役立つよ、といったものがあればぜひ教えてください。

ではでは。
 
 
☞ 関連記事

If you want to think that, then do so. In your mind only. 【お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな】

omaeno.jpg

別にゲーム英語ではないが・・・。表題の英語を逆翻訳すると、「そう思いたいなら勝手に思ってろ。頭ん中だけでな」てな感じ。他に見つけた英訳としては、「If you think so it would be so…only in your head.」など。



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

Expand Dong 【ペ●●拡大】

new_ExpandDong_1.jpg

一部海外ゲーマーの間で行われているミームの一つ。上記画像のとおり、英語版『ドンキーコング64』のパッケージの文字を組み合わせて作られた言葉。“Dong”はぺ●スを表す隠語であり、つまりは単なる下ネタというわけだ。が、この画像にシンパシーを覚えたゲーマーたちの手により、他のゲームパッケージを加工して作った、面白・・・ではなく、くだらない画像が掲示板などに多数アップロードされている。



以下はネットで見つけた例だが、言葉を訳すのは自重しておく。

SexualAssault.jpg
http://dashingmanspaghetti.tumblr.com/post/60344841424/sexual-assaul

DickFreeze.jpg
http://www.ign.com/boards/threads/expand-dong.453405123/

AnalFuckingGang.jpg
http://tumbltrends2013.tumblr.com/post/56894756853/july-30-2013-donkey-kong-seems-to-drift-in-and

500DicksMyAss.jpg
http://tumbltrends2013.tumblr.com/post/56894756853/july-30-2013-donkey-kong-seems-to-drift-in-and



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

Dun dun dun dun dun dun dun 【ダダンダンダンダンダン】

『バトルフィールド』シリーズのテーマ曲をアルファベットで表したもの。この他にも、“Dum dum dum dum dum dum”や“Dun dun dun du dun dun”などの表記もあるが、特に違いはないので気にしなくて良い。日本語で書くと、何だか『鋼鉄ジーグ』のテーマみたいだ・・・。今年は、『バトルフィールド4』のプロモーション映像「Only in Battlefield 4」シリーズの話題にて、表題のフレーズがよく使われた。





ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
☞ 関連記事

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。