最新記事


『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が販売開始! (06/17)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

Secondhand Market / Secondary Market 【中古市場】 (11/12)

総記事数:

Cute-em-up 【カワイイ系2Dシューティング】

英語では、2Dシューティングのことを「Shoot-em-up」と呼ぶが、この「Cute-em-up」は2Dシューティングのサブジャンルの1つであり、明るい配色でかわいらしいキャラクターが登場する作品のことを指す。有名なシリーズはというと、『ツインビー』、『ファンタジーゾーン』、『パロディウス』辺りだろうか。基本的には、日本産の2Dシューティングに多いが、それらにインスパイアされて欧米の開発者が制作した Cute-em-up も存在する。

imagesCAQI542N.jpg



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
スポンサーサイト

☞ 関連記事

あけましておめでとうございます

いつも当ブログをご覧いただいている皆様、新年あけましておめでとうございます。

2013年は仕事環境が一新されたこともあり、多忙な日々が続きブログの更新もつい滞りがちになってしまいました。が、今年はなるべく目の前の仕事だけに注力することをやめ、海外のゲーム業界やローカライズ、その他の「外の世界」にも視野を広げて、そこで得たものをこのブログで発信していければと考えております。

日本は、多くのユーザーが国産ゲームのみを遊ぶ、いわゆる「自給自足時代」が長らく続いていたこともあり、海外ゲームのローカライズに関しては、まだ黎明期といっても過言ではないほど歴史が浅い国でもあります。私自身、そうした日本のゲーム業界に身を置く中で、ローカライズが軽視されていたり、翻訳に対する関係者の理解がまだまだ足りていなかったりといった印象を、現場でほぼ毎日のように抱いています。

しかし、もはや日本一強は崩壊し、メジャー・インディー問わず海外産の名作が続々と押し寄せてきている現在、日本におけるゲームローカライズの重要性はますます高まっていくとの自負もあります。そしてこのブログも、ローカライズや海外ゲームに関する情報をアウトプットすることで、日本と世界のゲーム業界をつなぐ一助になっていければ幸いです。

では、2014年も、皆様にとって幸多き年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。




     __        ∧∧∧∧∧∧∧∧
  /´  _`ヽ_   <  Localization  >
fi⌒ヽ/ ,二ゝミヽ)  <  Love       >
,ゞ ._,ノ,∠_・ ) r',)  <  Forever!!     >
//  _,/⌒fぅ く   ノ/∨∨∨∨∨∨∨
  ィ<´ {ゝ-(__,ハヘ
    \ゝ _にノ ノノ
      ` ーヘ´`′



2014年1月1日
「革新的!ゲーム翻訳者のブログ ~ゲームトランスレーター~」
管理人 羽無エラー
 

☞ 関連記事

ブログパーツ