最新記事


『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

Secondhand Market / Secondary Market 【中古市場】 (11/12)

『妖怪ウォッチ』が北米上陸! ローカライズをウォッチング (11/09)

総記事数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Insta-death 【即死】

「即死」を意味する「Instant Death」の略。ゲームの世界でよくこの略語が使われる。「Instant Death」で画像検索をかけると、さまざまなゲームの絶望的なシーンが表示されてちょっと面白い。



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
スポンサーサイト

☞ 関連記事

コメント

No title
お久しぶりです。思わずメールしてしまいました。

なんか海外での即死の反応はゲームによって違うようですね。
アクションゲームでは比較的受け入れられるようですが(穴とか)
RPGでの即死魔法(ザキ系やらデス系他諸々)とか即死効果は
特に拒絶反応がひどいようです。

FPSのヘッドヒットも殆ど即死のようなものなのに、この違いって何だと思います?
Re: No title
ほうほう、そんな特徴があるんですか。
洋RPGのほうがJRPGよりも死亡ペナルティーが重い傾向にあるから、とかですかね?
たとえRPG以外のジャンルであっても、即死によってお金を半分にされたり、一時間前にいた地点からやり直しとかにされると、
その時点で心が折れそうになるかもしれません(笑)。

FPSのヘッドショットは、成功させることが容易でないのは分かっているため、
訓練の賜物ということであまり嫌悪感は湧かないですね、私も。
No title
いやいや、羽無さんでもそこのところはわからなかったですか。
なんだかRPGのペナルティはむしろアメリカのRPGの方がひどいとは聴いたことがありますが…ウィザードリィとか特に顕著だと。
ドラクエの持ち金半分はペナルティを甘くしてああなったとか。

ちょっと考えてみたんですが日本製RPGは「蘇生魔法が一般的」ってのがあるのかもしれません。
FPSは頭撃たれても数10秒で復帰できますし(こら)

…ロンダルギアの伝説をアメリカ人に聞かせたら卒倒するかもしれないですな。
死ぬほど長い洞窟をやっとの思いで抜けた先にはザラキ4連発(即死率30%全体)とか。それがごろごろ出てくるとか。
Re: No title
そうですね。全滅しても蘇生や現状復帰が容易であればフラストレーションは軽減されますよね。

初代ドラクエ2は、敵全員が炎吐いてきて泣きそうになったりしましたね。
北米でも一応出ていますが、遊んだ人は口をそろえて「タフだった!」って言うみたいです。
↓のフォーラムで、「ブリザードのザラキで全滅して2週間やる気が失せた」って書き込みもあります(笑)。
http://www.gamefaqs.com/boards/587248-dragon-warrior-ii/13486421

コメントの投稿

非公開コメント


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。