最新記事


『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が販売開始! (06/17)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

Secondhand Market / Secondary Market 【中古市場】 (11/12)

総記事数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の半分をやろう

世界の半分_J 世界の半分_E


「もしわしの味方になれば世界の半分をやろう」
“I give thee now a chance to share this world and to rule half of it if thou will now stand beside me.”

「昨夜はお楽しみでしたね」で説明しましたが、ドラゴンクエスト1が英語版(Dragon Warrior)にローカライズされる際、中世ヨーロッパの雰囲気を出すために中世英語を使った翻訳がなされました。
theeとthouはともに、現代英語のyouにあたる代名詞です。現代英語では、目的語であっても主語であっても形はyouで統一されていますが、昔は変化があったんですね。

「自分の仲間になる」という意味での"stand beside me"は初めてお目にかかりました。「自分の横に立つ」=「自分の側にいる」=「自分の仲間になる」ということですね。"stand by me"と同じような使い方でしょうか。
もし私が英語版を先にプレイしていたら、字面通り、竜王の横のマスに立つことだと勘違いしていたと思います…(笑)

日本語版ではキャラの向きが正面しかなかったので、自然と"stand beside me"の状態になってますね。
世界の半分_J2



ゲーム翻訳に関する記事はこちらです→ゲーム翻訳の記事一覧
スポンサーサイト

☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。