最新記事


『ウォーリーをさがせ!』の面白翻訳をさがせ! (09/09)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が販売開始! (06/17)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

総記事数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“洋ゲー指数”の高い単語

こんにちは。羽無エラーです。

今回は、日本で開発されたゲーム、いわゆる「和ゲー」と、海外で開発されたゲーム、いわゆる「洋ゲー」の違いについて少しお話ししようかと思います。

和ゲーと洋ゲーの違いというのは、両者を比較する上でよく言及される点です。和ゲーの主人公は中性的なイケメンが多いのに対し洋ゲーの主人公はマッチョな兄貴系男子が多いとか、和ゲーのシナリオは一本道だけど洋ゲーのストーリーは自由度が高めだとか、和ゲーの世界観はファンタジックなものが多いけど洋ゲーは現実世界を舞台にした作品が主流であるとか。恐らくテレビゲームに精通している方であれば、洋ゲーをある程度遊べば、たとえ日本語にローカライズされた作品であっても、それが洋ゲーであることは容易に判別できるのではないでしょうか?

しかし私は、洋ゲーの翻訳という仕事を続けているうちに、ゲームを実際に遊ばずして洋ゲーであることを見分けるポイントを発見しました。それはずばり「メインメニュー内で使われる単語」です。

というわけで、洋ゲーのメインメニューに特有の単語というのをここでいくつか紹介したいと思います。それぞれの単語には、私の独断で算出した“洋ゲー指数”を添えておきました。この指数が高いほど、その単語が使われているゲームが洋ゲーである可能性が高いということになります。

(1) 「ニューゲーム」(New Game) 洋ゲー指数:65
物語の冒頭からゲームを始める際に選ぶ項目です。洋ゲーでは「ニューゲーム」(New Game)という名称になっていることが多いですね。和ゲーでは「はじめから」や「最初から」辺りをよく見かけますが、特に一般的な呼び名というのはなく、ゲームによってさまざまです。「ニューゲーム」という単語がメインメニュー内に存在したら、そのゲームは65%の確率で洋ゲーです!

(……続きはこちら「Yoshino Trad 日本語ブログ」より)


スポンサーサイト

☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。