最新記事


【固定記事】ゲームは文化や訳し方でこうも変わる。『レトロゲーム超翻訳セレクトⅡ』販売開始! (12/29)

『リスター・ザ・シューティングスター』 ネコのボスの違い (08/13)

『スーパーマリオブラザーズ3』 エンディング後の挙動の違い (07/27)

『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』 エンドール王のプレゼントの違い (07/26)

『ドラゴンクエスト』 世界の半分をもらった時の違い (06/22)

『スーパーマリオブラザーズ』 ゲッソーの高度の違い (06/13)

『スーパーマリオ64』 海賊の入り江の絵の違い (06/09)

『ストリートファイターII』 ケンステージの男のモーションの違い (06/07)

『ストリートファイターIIダッシュプラス CHAMPION EDITION』 最初に殴られる男の違い (06/07)

『魔界塔士Sa・Ga』 ガラスのつるぎの耐久力の違い (05/12)

『キャメルトライ』 ゲームオーバー画面の違い (05/11)

『ファイナルファンタジーVIII』 ダミーモンスターの違い (05/10)

『SaGa3 時空の覇者』 くいだおれ人形の違い (05/10)

『マリオのピクロス』 一部の問題の違い (05/06)

『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻』 体力回復アイテムの違い (05/05)

『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2』より ~23歳のエクセ姉様~ (05/04)

『逆転裁判2』 ホテルの料理の違い (05/02)

『エストポリス伝記II』 謎解きの違い (04/28)

『ロックマンDASH』 草原に落ちている本の違い (04/27)

『ボクシング』 ラウンドガールの衣装の違い (04/26)

総記事数:

GDC2013 個人的感想 ~ビデオゲーム三国時代~

11111913_4ebcf55032e99.jpg


3月24日から31日にかけて米国はサンフランシスコにて開催された「GDC(Game Developers Conference)」に行ってまいりました! 一週間のフル参加で約30コマのセッションを聴講し、非常に有意義な滞在となりました。というわけで、短文ではありますが、ここでGDCの感想でも書こうかと思います。

前述の通り、管理人は約30コマのセッションに参加したのですが、聴講したセッションの種類は、ローカライズ関連に限らずさまざまです。個々の具体的なセッション内容についてはニュースサイトなどをご覧いただくとして……、今回GDCに参加して感じたのは、いま現在、世界のビデオゲーム業界の派閥(というかトレンド)は、大きく分けて以下のように三極化されているなぁ、ということです。

1. コンソール/PCゲーム勢力(保守派)
2. モバイルゲーム/ローカライズ勢力(拝金派)
3. インディーズゲーム勢力(過激派)



どうでしょう、これで通じますかね? それぞれをもう少し具体的に、かつ脚色を加えつつ説明すると、次のような感じになります。

1. コンソール/PCゲーム勢力(保守派)
従来通り、新たな技術を積極的に導入し、よりハイエンドなゲームを目指す勢力。予算と時間をがっつり確保した上で、ターゲット層を明確に定め狙い撃ちする、ある意味で、これまでのゲーム開発の王道を踏襲していく派閥。

2. モバイルゲーム/ローカライズ勢力(拝金派)
「ゲーム開発はあくまで金儲けの手段である」と考える一派。ユーザー心理を追究し、いかにF2Pゲームでマネタイズするかに重きを置く勢力。また、収益を最大化するため、できる限り多くの地域へ販売網を拡大することをもくろむ。今回のGDCでは恐らく最大派閥であった勢力。

3. インディーズゲーム勢力(過激派)
技術力やマネタイズしか能がないゲームなど、全てまやかしである、真のゲームは Steam にこそあり! 真のゲーム魂はインディーズにこそあり!と唱える過激派。昨今のゲーム業界に対して反感を抱くユーザーの声を代弁する“アンチヒーロー”的な勢力。ここ1、2年の間に急浮上し、信者からは、今後の大化けを期待されている。


と、こんな説明でいいですかね…?

当然、どの方向性を目指すかによって、求められる能力や資質は変わってくるものでしょう。が、いずれの勢力に身を置くとしても、やはりゲーム開発の根本である「ユーザーを楽しませる」精神は必要不可欠であると個人的には考えます。

いくら最先端の技術を駆使しても、ユーザーにとって面白いゲームを作らなければ宝の持ち腐れ、というか技術の無駄づかいですし、ユーザーにとって面白いゲームでなければマネタイズすることもできませんし、ローカライズをしても利益は伸びません。また、面白いゲームでなければ、目の肥えたインディーズゲーマーから喝采を浴びることはありませんし、Kickstarter で寄付を募ることもできません。

つまりは「初心忘れるべからず」ということですね。自分自身、ゲーム業界で飯食っている者の一人として、そのことを肝に銘じておきたいと思います。

今後のゲーム業界に光あれ。


スポンサーサイト




☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログパーツ