最新記事


『ウォーリーをさがせ!』の面白翻訳をさがせ! (09/09)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が販売開始! (06/17)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

総記事数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mai Waifu 【俺の嫁】

Hardcore Gaming 101 の Kurt さんよりご提供いただいた情報です(感謝!)。

読んで字の如く、日本語でいう「俺の嫁」にあたる用語。ユーザーがこのフレーズを使うような萌え要素を含んだゲームは、その多くが和ゲーであることから、“My Wife”ではなく“Mai Waifu”と日本語の発音を意識した表記となっている。また、そういった恋愛要素を備えるゲームは“Waifu Game”と呼ばれる。英語圏のゲーマーの間で代表的な“Waifu Game”といえば、『ペルソナ4』が挙げられるそうだ。このフレーズの発祥は、アニメ『あずまんが大王』の以下のシーン。





ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
スポンサーサイト

☞ 関連記事

コメント

音ゲーの言い方が元になっている…?
どもです。思わずここ見て吹いた一人です。
というのもとある音ゲーの言い方及び曲名が
多分伝わってこうなったんじゃなかろうかと…

(ラストの発音に御注目下さい。PVです)
https://www.youtube.com/watch?v=uMrmgQ_wDzs

あとそれに追記して一時期アメリカで流行った
UBERの接頭詞も実は音ゲーが一枚かんでいるかもしれません。
曲名の意味がドイツ語で「超越する」という意味なので。

(ゲーセン発の曲では元祖最高難易度の曲になりました)
https://www.youtube.com/watch?v=W7hYWmy84UU

コメントの投稿

非公開コメント


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。