最新記事


『ウォーリーをさがせ!』の面白翻訳をさがせ! (09/09)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が販売開始! (06/17)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

総記事数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【前編】 伝説のゲーム翻訳家による、『ファイナルファンタジーVI』の英訳

先日、下記のエントリーにて、ゲーム翻訳界随一の偉人として管理人が崇める Ted Woolsey 氏が手掛けた『クロノ・トリガー』の翻訳を紹介しました。

「伝説のゲーム翻訳家による、『クロノ・トリガー』の英訳」

今回、取り上げるのは、『クロノ・トリガー』と同様、氏のキャリアを語る上で外すことのできない作品、『ファイナルファンタジーVI』です。前回と同じく、『ファイナルファンタジーVI』の英訳の中から、面白い意訳や管理人が感銘を受けた良訳などを勝手にいくつか紹介したいと思います。

※ちなみに、当ブログの『Gaminglish』ページにいくつか用語をご提供いただいている Hardcore Gaming 101 さんのサイトに Ted Woolsey 氏のインタビュー記事がありますので、ご興味がある方はぜひご一読なさってみてください。



▼その1 タコの敵を燃やした時の台詞
new_01.jpg
日本版:ゆでだこ!? ゆでだこ!?
英語版:Seafood soup!(海鮮スープ!)

ひょうきんなキャラとして名を馳せた「オルトロス」の迷言です。英語版では、少々変わって Seafood soup! となりました。「ゆでだこ」を直訳すると Boiled Octopus でしょうが、若干語感が硬いというか・・・、Seafood soup の方がギャグらしい軽妙さがあってイイと思います。


▼その2 服を剥ぎ取られた商人の名前
new_02.jpg
日本版:はだか
英語版:Birthday Suit(バースデースーツ)

Birthday Suit は読んで字の如く、「生まれた時の服装」、つまり「裸」と同義のフレーズです。この名前が出てきた瞬間、思わず吹き出してしまいました(笑)。


▼その3 マッシュと初対面したティナの一言
new_03.jpg
日本版:わ、私・・・てっきり大きな熊かと・・・。
英語版:At first glance I thought he was some bodybuilder who had strayed from his gym...(最初に見たとき、ジムから帰る途中のボディビルダーかと・・・)

ゲーム内のドット絵だと、確かに、熊というより「ボディビルダー」の方がユーザーの第一印象に近いでしょうね。当時、攻略本か何かに掲載されていた天野喜孝氏の設定画では、もはや完全に熊でしたが・・・。


▼その4 セッツァーって誰?という問いに対して
new_04.jpg
日本版:知らないのかい?
英語版:You born on a farm, son?(君は農家の出身かい?)

遠まわしに田舎モンだと馬鹿にされています(笑)。こっちのパーティーには、王族の兄弟、王家に仕えるサムライ、元帝国軍幹部と、ご立派な身分の面々がそろっているのですが、悲しいかな、都会の大資産家にかかってはカッペ扱いです。


▼その5 例の娘を出せ、と言われたエドガーの言い逃れ
new_05.jpg
日本版:娘は星の数ほどいるけどなあ・・・
英語版:There's more girls here than grains of sand out there.(娘なんて、ここじゃ砂漠の砂よりたくさんいるからなあ)

砂漠の城での会話であるため、砂と引っ掛けた言い回しになりました。原文よりも気が利いた表現に仕上がっていて、思わず唸ってしまいました!


▼その6 サムライの宣戦布告
new_06.jpg
日本版:いざ、じんじょうに勝負いたせ!
英語版:I am your worst nightmare...(我はそなたの最大の悪夢なり)

こちらもまた随分と男前な台詞です。この相手はすぐに葬られてしまうので、もはや悪夢を見ることすら叶いませんが。


▼その7 大滝に飛び込む場面の選択肢
new_07.jpg
日本版:飛び込みますか? → 飛び込む 飛び込まない
英語版:Jump? → Why not? You crazy?(気は確かか?)

英語版では、「飛び込まない」が辛辣なシステムメッセージへと変わっています。スペランカーやシャドウゲイトの主人公でも同じことを言うでしょうね、きっと。


▼その8 ケフカの迷台詞の一つ
new_08.jpg
日本版:まて!と言われて、まつ者がいますか!
英語版:“Wait,” he says...... Do I look like a waiter?(Wait だって? 俺がウェイターに見えるかい?)

うん、どう見てもウェイターには見えませんね・・・。かの有名な“Son of a submariner!”を筆頭に、ケフカの台詞は、英語版でもマッドかつ愉快なものになっています。


▼その9 言葉使いをからかわれる場面
new_09.jpg
日本版:ござる! はやくこい!
英語版:Mr. Thou! Hurry up!(ミスター“Thou”、はやくこい!)

これに関しては、少々解説が要りそうです。左にいる「ガウ」が、カイエンの口癖である「ござる」を、マッシュの名前だと勘違いする、という場面なのですが、英語には、「~でござる」のような語尾のバリエーションが存在しないため、英語版の同場面では、カイエンが二人称として使っている“Thou(中世英語の You)”が「ござる」の代替として用いられたのです。

言葉遊びの翻訳は得てして難度の高いものになりがちですが、ここでは日本語のギャグのニュアンスが英語でも巧みに再現されています。お見事!




以上となります。

管理人自身、このブログで翻訳について偉そうに書き綴っていたりしますが、やはり本来は、この Ted Woolsey 氏のように、自身の翻訳作品を手本として示し、何一つ語らずとも翻訳の何たるかを世に伝えられてこそ真に優れた翻訳家であると考えています!

『ファイナルファンタジーVI』の英語版スクリプトは、例によってファンサイトにて有志の方々がまとめてくださっていますので、ゲーム翻訳や英語学習の参考資料としてお役立てになられるといいと思います。

ではでは。

スポンサーサイト

☞ 関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。