最新記事


『ウォーリーをさがせ!』の面白翻訳をさがせ! (09/09)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が販売開始! (06/17)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

総記事数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語版『ドラクエ』、地域方言を活かしたローカライズの妙味

ウェブメディア「AUTOMATON」にて、ドラクエの英語版に関するコラムを書かせていただきました。


英語版『ドラクエ』、地域方言を活かしたローカライズの妙味


ドラクエの英語版では、スコットランド英語、フランス英語、コックニー(ロンドンの下町方言)などさまざまな方言が活用されてきたという事実。また、それらがゲームにどのような影響を与えたかについて考察しています。大勢のファンから愛されているドラクエシリーズですが、英語版を遊んだことがある方は案外少ないのではないでしょうか。上記コラムは、英語版ドラクエに触れたことがない方々にとって面白いトリビア集に仕上がったと自負しております。ご興味がある方はぜひご覧いただければ幸いです。

なお、AUTOMATONは現在更新を休止しているようです。再開した際には、また私も記事を寄稿させていただきたいと思います。レビューや書評など面白い記事がそろっているウェブメディアであるため、ライターとしてではなく「いち読者」として更新を楽しみにしております。

ではでは。

 
スポンサーサイト

☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。