最新記事


『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

Secondhand Market / Secondary Market 【中古市場】 (11/12)

『妖怪ウォッチ』が北米上陸! ローカライズをウォッチング (11/09)

総記事数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ouch! What do you do? 【イタイ! お仕事は何を?】

EN_Ouch what do you do  JP_Ouch what do you do


ファミコン『グーニーズ2 フラッテリー最後の挑戦』にて、プレイヤーに叩かれたNPCが発する台詞。英語圏のレトロゲーマーの間で伝わる有名な珍訳のひとつだ。日本語原文は「イタイ!! ナニヲスル!!」である。

『グーニーズ2』では、基本的なアクション部分は前作『グーニーズ』を踏襲しつつも、新たな要素として一人称視点のアドベンチャーパートが追加されている。このアドベンチャーパートではカベを叩くことで隠しアイテムを発見したりできるのだが、この「叩く」コマンドは味方であるNPCに使用することも可能。何の罪もないNPCが突然主人公に叩かれ、「何するんだ!」と抗議する、というわけだ。

日本語原文の「ナニヲスル!!」の部分が英語版では「What do you do?」と訳された。あくまで字面だけを見れば、正しい直訳に思えるかもしれない。が、実はこの「What do you do?」というのは、「あなたは何をしている人ですか?」、つまり「職業は何ですか?」という意味で使われるフレーズだ。殴られたにもかかわらずなぜか唐突に職業を尋ねるという珍妙な状況が出来上がってしまった。

「All your base are belong to us」や「You spoony bard」など、レトロゲームの迷訳はこれ以外にも多数存在する。だが無理やり日本語に訳した時に最も笑えるのはこの「Ouch! What do you do?」ではないだろうか。



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
スポンサーサイト

☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。