最新記事


『ウォーリーをさがせ!』の面白翻訳をさがせ! (09/09)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が販売開始! (06/17)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

総記事数:

Rage quit 【キレ落ち】

RageQuit.jpg


主にオンラインゲームの対人戦において、敗色濃厚の際に怒ってゲームを放棄すること。「怒り」(Rage)で「やめる」(Quit)、というわけだ。通常オンラインゲームでは勝敗のデータはサーバーで管理されており、作品によっては、決着がつく前に回線を切ることでサーバーへのデータ送信を防ぎ黒星を避けるという抜け道も存在してしまう。回線切断が「敗北」としてカウントされるゲームの場合は問題ないし、本来はそのような仕組みになっているべきだ。

この用語をもとにした「Rage Quit」という動画シリーズがYouTubeにアップロードされている。米国人の「マイケル・ジョーンズ」氏がさまざまな高難易度のゲームに悪戦苦闘し、結局最後にはRage Quitしてしまうという内容だ。


関連:Rage Ban 【逆ギレBAN】



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
スポンサーサイト

☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログパーツ