最新記事


『ウォーリーをさがせ!』の面白翻訳をさがせ! (09/09)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が販売開始! (06/17)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

総記事数:

Hudson Bee 【ハチ助】

HudsonBee2.png


ハドソンの社章に使われていたマスコットキャラクター。『高橋名人の冒険島』など同社タイトルの中でボーナスキャラとして登場することもあった。Wikipedia によると、同社発祥地である北海道のアマチュア無線のエリア番号が「8(はち)」であったため「蜂(はち)」をマスコットとして採用した、とのことだ。乗用車の「ハドソン・ホーネット」が由来だと思っていた人もいるようだが(ホーネット=蜂)、特に関係はないらしい。

英語ではハチ助は、「Hudson Bee」、「Hu-bee」などと呼ばれる。『高橋名人の冒険島II』の英語版『Adventure Island II』では「Hudson Bee」。その前作『Adventure Island』の説明書の中では単に「BEE」と呼ばれた。このゲームではハチ助を入手するとコンティニューが可能になるので、「To BEE continued」というダジャレを言うユーザーもいたのではないだろうか(つまらなかったら申し訳ない)。


Hudsonbee_manual.jpg



ゲーム英語辞典『Gaminglish』トップページ
スポンサーサイト

☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログパーツ