最新記事


『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が販売開始! (06/17)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

Secondhand Market / Secondary Market 【中古市場】 (11/12)

総記事数:

ゲーム翻訳における誤訳

アクティブゲーミングメディア様のニュースページにて、ゲーム翻訳の誤訳に関する記事を書かせていただきました↓
『英->日のゲーム翻訳で最も多く目にする誤訳』


あと、些末な話ですが、最近ハンドルネームをyami_translatorに変えました。
ツイッターのユーザー名に合わせたかったというのもありますが、やはりローカライズ屋が"Censorship"などという不謹慎なハンドルネームを名乗るのは良くないと思うんですよ…
(追記:その後、今のハンドルネームに再変更しました。紛らわしくてすみません…)

というわけで、今後ともよろしくお願いいたします



ゲーム翻訳に関する記事はこちらです→ゲーム翻訳の記事一覧
スポンサーサイト

☞ 関連記事

コメント

No title
Censership←不謹慎???
Re: No title
> Censership←不謹慎???

ゲームやアニメなどの世界では、ローカライズに伴う表現規制(十字架を消したりとか)のことを"censorship"って呼ぶんですよ。
そして、そういった規制は往々にしてファンから非難されるものなんです(妥当か否かにかかわらず)。
No title
>>そして、そういった規制は往々にしてファンから非難されるものなんです(妥当か否かにかかわらず)。

最近の傾向として、事前に規制内容を公表しないとぶっ叩かれますね。
Re: No title
> >>そして、そういった規制は往々にしてファンから非難されるものなんです(妥当か否かにかかわらず)。
>
> 最近の傾向として、事前に規制内容を公表しないとぶっ叩かれますね。

今後は事前アナウンスが一般的になっていくかもしれませんね。
あと、日本語版ならではの付加価値(良い意味での)を付けることも重要になってくると思います。洋ゲーは概して大雑把なバランスなので、日本語版ユーザー様のためにその辺をちょこちょこっと調整しましたよ、とかね。

コメントの投稿

非公開コメント


ブログパーツ