最新記事


『ウォーリーをさがせ!』の面白翻訳をさがせ! (09/09)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が販売開始! (06/17)

『レトロゲーム超翻訳セレクト』の英語版が登場予定! (02/04)

ゲーム英語辞典『Gaminglish(ゲーミングリッシュ)』作成中(最終更新日:2016/07/08) (12/31)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定② (12/13)

『MOTHER2』のローカライズ解説本が超面白い (12/10)

同人誌『レトロゲーム超翻訳セレクト』 再頒布予定① (11/23)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ② (11/03)

レトロゲーム同人イベント「ゲームレジェンド」にサークル参加予定 ① (10/23)

ポケモンGOのエイGOをゲットだぜ (07/26)

Netdecking 【ネットデッキング】 (07/08)

Hudson Bee 【ハチ助】 (06/28)

Faceroll 【フェイスロール】 (06/21)

Legal Loli 【合法ロリ】 (06/15)

Rage quit 【キレ落ち】 (05/02)

謹賀新年 (01/01)

米国人ゲーマーグループが選ぶ「史上最高のビデオゲーム200本」 (12/07)

RNG hates me 【乱数は俺を嫌っている】 (11/25)

OTK 【ワン・ターン・キル】 (11/24)

imba 【バランスが悪い】 (11/19)

総記事数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『MOTHER3』のファン翻訳者“Tomato”氏へのインタビュー記事

(2013年12月21日追記)本エントリーは、翻訳会社「アクティブゲーミングメディア」さんの公式サイトに掲載されているインタビュー記事を元にしたものでしたが、同サイトの模様替えに伴い記事の場所が不明瞭となったため、インタビュー内容がコピーされている別サイトへのリンクに変更しました。


『MOTHER』シリーズの最新作『MOTHER3』は、日本のみでの発売となり、海を渡って海外ゲーマーの手に届くことはありませんでした。しかし、かつて『EarthBound』の名で発売された、英語版『MOTHER2 ギーグの逆襲』は、欧米のゲーマーからも大変好まれ、いまだに根強いファンが世界中に存在するタイトルなのです。

そして、そんな、『MOTHER』シリーズを愛するファンたちの手により、『MOTHER3』も各言語へと翻訳され、公式ではないものの、海外でも日の目を見ることとなりました。ファン翻訳の舵を取ったのは、プロの翻訳者としての経験も豊富な人物、通称“Tomato”氏です。『MOTHER3』の翻訳に関する、Tomato氏へのインタビュー記事が下記サイトに掲載されていますので、ご興味がある方は、ぜひご覧になってみてください。

奇跡のファン翻訳『MOTHER3』。その舞台裏に迫る!
Interview: Fan Translation of Mother 3

上記記事は、『MOTHER3』の翻訳にまつわる秘話をはじめ、ゲームローカライズに関するTomato氏の考えや、公式プロジェクトと非公式プロジェクトの違いなど、翻訳者や翻訳志望者にとって大変貴重な話題が盛りだくさんです。

現在、Tomato氏は「Legends of Localization」というサイトをお持ちであり、『MOTHER』シリーズ以外にも、FFなど日本のゲームの海外ローカライズに関する面白い記事を多数書いていらっしゃいます。ゲームローカライズの知見を広げたいとお考えの方々は、ぜひ「Legends of Localization」を熟読されることをオススメします!

ではでは。
 
 
スポンサーサイト

☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。